今年も宜しくお願い致します。

新年早々ですが、前回のブログ更新より時間が経ってしまいましたので、少し振り返ります。

仕事納めは30日。その日までバダバタしており、新年を迎える準備を全くしておらず、年賀状は大晦日からとなってしまいました(^^;
息子も体調が悪い日が続き心配しましたが、新年を迎えた日には元気になり、オヤジのように寝っ転がりながらテレビを観るまでに復活してました(笑)



まず、23日に鷗外荘で開催された「クリスマスコンサート」では、クアトロ・パロスから斉藤&萩野谷、そして私というトリオ編成で出演しました。



また、ゲストには共演機会の多いフルーティストの宇田有美子さんをお招きし、私とのデュオ、そしてトリオパロスとのカルテットでも演奏しました。



クリスマスの雰囲気を醸し出し為に、メンバー一同、被り物をして頑張りました(笑)



そして、25日のクリスマスには、
いつもお世話になっている加藤繁雄先生が主催する「ギタークリスマスコンサート」にゲストとして出演し、
先生とのデュオ「Duo Magica」として、ソルのファンタジーを“激アツ”に演奏して、今年の弾き納めとなりました。
打ち上げでは、加藤先生の生徒の皆様が温かく迎えて下さり、親交を深める事が出来た事も嬉しかったです。

昨年、私が出演したコンサートは大小含めて66回となりました!!
正確には計算していませんが、おそらく過去最高なのではないでしょうか。本当に充実した一年にだった思います。

しかし、演奏は66回では終わりませんでした。

前回のブログ更新で「佐藤弘和 ギター作品展vol.6」について書かせて頂きました。そのブログをアップした数時間後、佐藤弘和先生が永眠されました。

作品展からちょうど1週間後でした。

訃報を受け、言葉にできない程の深い悲しみを背負いながら23日と25日の舞台に立っていた訳です。

正直、気落ちしてました。
しかし、それをプロとして舞台で見せる訳には絶対に許されません。

この仕事を選んだ以上、どんなネガティヴな状況下においても舞台に立ち全力で演奏する、という事は頭の中では勿論理解していました。

それが、どれだけ難しい事だったか、初めて知りました。

そして、弘和先生のお通夜・告別式でクアトロ・パロスとして演奏させて頂きました。
詳しくは、私が代表して書いたクアトロ・パロスブログをご覧下さい。

クアトロ・パロスブログ:追悼、佐藤弘和先生…。

先月の作品展から約1年前、
弘和先生の復帰コンサートは私とのデュオコンサートでした。

共演のオファーを弘和先生から頂いた時、
「これから、こういうコンサートをパッとやりたい時に、前田君に声かけていい? 」
そのお言葉が、どれだけ嬉しかった事か…。

そのコンサートではソロもあり、私は弘和先生の作品を三曲演奏しました。
2日目のコンサートで、私がソロを演奏し終えた時、弘和先生から、
「合格です!!(笑)」
と、お客さんの前で言って頂いた事は本当に嬉しかったし、
加えてアンコール前の弘和先生のMCでは、
「僕と前田君は曲に対する感覚がとても似てて、デュオやっててとても心地よいんです。」
と、仰って下さいました。

私は直接ご指導して頂いた訳ではありません。ですが、初めてお会いした時から何かと気にかけて下さり、可愛がって頂きました。

年が明けても、未だ気持ちが整理できないままです。

ただ、これまでと同じように、これからも弘和先生の作品を弾き続けていく事になんら変わりはありません。
作品の中でも、私の記憶の中でも、弘和先生は常に生き続けていきます、ずっと…。


前田司コンサート出演情報:https://www.maedatsukasa-guitarschool.net/コンサート出演情報/

前田司ギター教室:https://www.maedatsukasa-guitarschool.net
スポンサーサイト

仙台でレコーディング

今日は台風が東北へ近づくのと同じくして、
朝から仙台へ向かい、レコーディングを行いました。

現代ギター誌でもおなじみ、
仙台在住のギタリスト兼作曲家・小関佳宏さんと、
ギターデュオ2曲を収録しました。もちろん小関君の自作曲です。

先日のハクジュコンサートで、小関君がクアトロ・パロスの為に書いてくれた「ANIMALIA」の初演しましたが、
その翌日に私のレッスン室でリハーサルをして、そして今日レコーディングに臨みました。


ホール録音の経験しかない私にとっては、こういったスタジオでのレコーディングはもちろん初めて。


ヘッドホンを付けながらの演奏というのも貴重な経験となりました。


当初は、仙台で合流→牛タンを食す(笑)→リハーサル→レコーディング→酒(笑)というスケジュールでしたが、
台風が東北に接近中であり、
また明日朝イチからクアトロ・パロスのリハーサルがあり、是が非でも明日の朝までは東京へ戻らないといけない事も考慮し、
リハーサル無しで、いきなりのレコーディングとなりました。

スタート時は不安もありましたが、
テイクを重ねていくうちにいい感じに♪(v^_^)v

おやつの時間くらいにレコーディングは終了して、
おやつの時間に“牛タン定食”を頂きました😁

仙台では、確かに雨は強かった時間帯もありましたが、
それほど影響は受けず、
また、帰りの新幹線も何本か運休が発生したものの、
最終電車から予定を変更して夕方には無事に乗る事が出来ました。

予定未消化の“酒”は、10月15日にとっておきます。

…うん? 10月15日…??

そう、この日にまた仙台で“何か”があります(笑)
また近日中にお知らせします。

今日は本当に楽しい小関君とのレコーディングでした(^O^)



前田司コンサート出演情報:http://www.maedatsukasa-guitarschool.net/コンサート出演情報/

前田司ギター&ウクレレ教室HP:http://www.maedatsukasa-guitarschool.net

こんな時こそ、焦らずゆっくりと。

平塚でのソロコンサートまで、あと2日となりました。



プログラムは固まり、さらに食事・ドリンクタイムでBGM的に演奏する曲を決める作業をしています。

会場の定員は約10名で、ほぼ予約で埋まっているようです。ありがたや~(^O^)

美味しいお食事とドリンクを楽しみながら、ギターの音色を楽しんで頂けると嬉しいです。


話は変わりますが、
クアトロ・パロスのブログでも紹介しております、
27日(土)に発売されるニューアルバムのプロモーション動画が公開となりました。

ニューアルバム『Amanecer』プロモーション動画:https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=DS2CDHQwzCs

クアトロ・パロスブログ:2ndアルバムの動画公開☆彡

発売日はもちろん皆さんご存知ですよね?(笑)
このコンサートです♪



実は先月からか先々月からか、もう忘れちゃったけど、
もうバッタバタの日々でして、そんな中思わむ凡ミスも多々あり、で…(泣)

自己反省をした結果、結論が出ました。

「無理をしない」

です(笑)

プランニングはもちろんしますが、無理はしない。
ゆっくりと確実にこなしていく、今は本当にそれが大事な気がするんです。

それによって物事が停滞したとしても、その時はその時!!
そう考えただけで少しラクになりました(^O^)

すると、ヘマは少なくなったし、結果的にはちゃんとタスクをこなせてるんですね。不思議なモンです。

ここ数日、本当に数年振りに体調が崩れてしまった事もあるので、
無理をせずに、出来る範囲内の全力で頑張っていこうと思います。


前田司コンサート出演情報:http://www.maedatsukasa-guitarschool.net/コンサート出演情報/


前田司ギター&ウクレレ教室:http://www.maedatsukasa-guitarschool.net



世間では最終日ですかね。

ゴールデンウィークってヤツは(苦笑)

ギターに真剣に関わってから約15年以上経ちますが、
ゴールデンウィークらしいお休みを経験した事が無いですねσ(^_^;)

まぁ、この稼業をやっていてこの休みを謳歌した、って事は仕事が無いってことなんで、有難い事だと思ってます。

お休みは4日のみで、その日だけは家族とゆっくり過ごしました。

それ以外は、コンサートが2つに、クアトロ・パロスリハ、そしてコンクールの審査と合間にレッスンというスケジュールでした。

5月3日は、クラシカルギターコンクールでした。

昨年度からギタリスト協会の委員を務めさせて頂いており、
今回は初めて審査員を務めました。また会場はこれまでとは違う初の日本橋公会堂での開催となりました。

昨年から“審査員”という重責を担うようになりましたが、
やはり審査というものは本当に難しいですね…。

私も数年前までコンクールチャレンジャーだっただけに、挑戦する側の気持ちもまだ充分理解しているつもりでいるので尚更です。
でも私自身ギタリストとして、とても良い経験になりました。


前田司コンサート出演情報:http://www.maedatsukasa-guitarschool.net/コンサート出演情報/


前田司ギター&ウクレレ教室:http://www.maedatsukasa-guitarschool.net


今、少し、一息ついてます

よーやく、今は少し余裕を持つ事が出来ています。

先週末、クアトロ・パロスの千葉公演を終えました。
詳しくは、クアトロ・パロスのブログにてメンバーの多治川さんがレポートしてくれています。

クアトロ・パロスブログ:千葉でのコンサートが終わって( ´ ▽ ` )

主催の方より終演後の写真を頂きました。


振り返れば、3月中旬から怒涛の日々でした。
基本的に私は“何かに追われながら仕事をする”という事はあまり好きでは無いのですが、
好きか嫌いかという感情を確認する間もない位に、駆け抜けてきたような感じがしました。

今は、これまでおろそかにしていた事務作業などをしながら、新曲の譜読みに専念しています。
すぐにでも普段の練習ルーティンに戻したい気持ちはあるのですが、
今はまだそれを崩したまま、何曲かやらなければならない譜読みをさっさと終わらせてしまおうというプランです。

また5月から、少しでもギターに専念できるように今のうちに周りを固めているといった感じでしょうか。

余裕がある中でもあまり気を抜かずに、進められるものはどんどん進めて準備をしていきたいと思います!!


前田司コンサート出演情報:http://www.maedatsukasa-guitarschool.net/コンサート出演情報/


前田司ギター&ウクレレ教室:http://www.maedatsukasa-guitarschool.net

少しずつ、一歩一歩、…あっ歳とっちゃったっ!!

新年度初日からのコンサートはいつもと同じ場所での演奏でしたが、
メンタル的にフレッシュな気分で臨み、とても心地良く演奏できた気がしました。

そして3日(日)には、日本ギター合奏連盟のレコーディングに向けたリハーサルをお昼前から夕方まで行い、
その後はクアトロ・パロスのリハーサルでした。

しかし、単なるリハーサルじゃなかったんです。

合奏連盟でもお世話になっている、
加藤繁雄先生、永島志基先生、佐藤弘和先生がリハーサルに立ち合って下さり、とても貴重なご意見を頂きました。
御三方の前でリハーサルをしていると、何だかオーディションを受けている気分にもなりましたが(笑)、
貴重のアドバイスを多く頂き、みるみるうちに曲が仕上がっていきました!!
とても有意義かつ貴重な時間を過ごす事が出来ました。ちなみに、打ち上げも楽しかったです。


そして、その5日(火)は合奏連盟のレコーディングをお昼から夜21時30分まで、計8曲収録しました。
時間ギリギリまでのレコーディングはなかなかスリリングでしたが、こちらも笑いの絶えないとても楽しい時間でした(^-^)


そんな楽しい時間もありましたが反して落ち込む事もありました(泣)

5日のレコーディング前に会場に着いた時、ケースから楽器が道に落ちてしまい裏板が傷つき、

そして、いざ気を取り直してレコーディングを開始しやうとギアを見た瞬間、④弦のギアが…(泣)


慎重に動かしてみると、何とか回ったので少しホッとしましたが、翌日改めて確認してみると、一周回らない事が判明しました…>_<…

藁をも掴む想いで以前ギア修理を依頼したお店に行くと、何と楽器に合うギアがありその場で取り付けてもらい、復活しました!!


いやぁ~冷や汗かきましたよ f^_^;)


先月右足と首を捻って現在も治療中だったのですが、
レコーディング前日に、何かの勢みで右足を強打し、立派なたんこぶができ、新たな痛みが加わって落ち込んでいたのに、
更に楽器が傷つくという強烈なダメージを食らい、本当に精神的にネガティヴになっていました。


しかし、物は考えようで、

・楽器を落とした時、演奏不能状態になっていたらレコーディングが出来なかった。

・私の楽器に合うペグがなければ、来週のとても大事なレコーディングが出来なかったかもしれない。

・最初の衝撃を受けたギアのお陰で、裏板の一部分しか傷つかなった。傷は修理に出せば2~3週間で完璧に直る。

・これからケースのロックは慎重にやるという習慣を身に付ける


というように、ポジティブに考えました。


やってしまった事を、いつまでもクヨクヨしてても仕方ないですから。

目の前にある“やらなければならない事”を、1つ1つ丁寧にこなしていく事で、自分に取り巻く状況を少しずつ打開して事が大切だと改めて感じました出来事になりました。

そもそも来週に迫った大事なレコーディング前に落ち込んでいる余裕など全くなく、
3日間のレコーディング後の2日後にはには、教室のおさらい会もありますし、

その翌日には、クアトロ・パロスの千葉公演があります。


先月末からのドタバタな日々は続きますが、
しっかりと足元を少しずつ固めていき、最後は有益な達成感を感じられるようにしたいと思った、36歳になった誕生日の夜でした(笑)
プロフィール

前田 司

Author:前田 司
前田 司 ギター教室 主宰

第24回スペインギター
     音楽コンクール 第1位

第18回日本ギター
     重奏コンクール 第1位

第27回GLC学生
     ギターコンクール
       大学生の部 第1位

第41回クラシカルギター
       コンクール 第3位

第10回名古屋ギター
       コンクール 第4位

第35回日本ギターコンクール
オヌール・ソロ部門 審査員賞

第18回JGAギター音楽祭
 "Kyo-en"in2007東京に出演

スコット・テナントの
      マスタークラスを受講

ドイツ・ヴァイカースハイム
        国際音楽祭に参加

フレッシュクラシックコンサート
         2002 出演

芸術集団2008
        支援アーティスト

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク