演奏会シリーズ第2弾目

ニューイヤーコンサートで
「ブエノスアイレスの夏」・「タランテラ」を演奏した。
初めてミレニアムホールで演奏したが、響きが良いホールだった。

「ブエノスアイレスの夏」は無難に弾けたと思う。
しかし「タランテラ」では、冒頭で信じられないミスを…、
弾き直しをした…。

舞台での落ち着きの無さ、という自分の課題を克服出来なかった。
2月15日の独奏では、これを最重要課題として演奏に臨みたい。
スポンサーサイト

第29回 発表会(五反田教室)

昨日は、1月~2月にまたがる4回の演奏会シリーズの第1弾目。

「魔笛の主題による変奏曲」を演奏。
予想したよりミスが多く、
注意するべき箇所も思ったように演奏出来なかった。
また、落ち着きの無い演奏で、
速く弾いてしまおうと思いすっ飛ばして速く弾いたら、
速く弾けなくて自滅した…。

まだ調整段階だから、しっかり反省して次の演奏に活かしていこう。
明日からは「ニューイヤーコンサート」で弾く2曲の練習だ。

左サイドバックのスペシャリストについて

『第3回フットボール・カンファレンス』の記事を読み、
ジーコが「4バックの適用」を指摘したらしい。

ただ現在は、左サイドバックの人材がいない。
加茂監督の4バック時代に右サイドバックの人材は、
柳本・中村(2人とも本職ではない)に対し、
左には、相馬・服部・路木・三浦(淳)・鈴木(正)等、
人材の宝庫であった。

だが今は、Jリーグで4バックを使用しているチームが少ない。
新たに左サイドバックのスペシャリストが誕生すればいいのだが…。

自らの成長

祖母宅で、叔父と昼から酒を飲み続けた。
夕方から従兄弟一家が、夜に両親が来た。

時間の流れの早さを、しみじみ感じた日だ。

私が小学校低学年の時、叔父の体はデカくて、黙々と酒を飲み、
飲んだ後、寝る前にカップラーメンを2つも食っていて、
存在感のある大人に見えた。

今、私は叔父より体がデカくなり、酒を飲み交わし、
大人びた会話なんかしてる。

従兄弟の子供も、
私が高校2年の時は生まれたばかりで、喋りもしなかった。
でも今はもうすぐ小学生になるし、キンキン声で喋くりまわってる。

私も、大きくなったんだなぁ~。
プロフィール

前田 司

Author:前田 司
前田 司 ギター教室 主宰

第24回スペインギター
     音楽コンクール 第1位

第18回日本ギター
     重奏コンクール 第1位

第27回GLC学生
     ギターコンクール
       大学生の部 第1位

第41回クラシカルギター
       コンクール 第3位

第10回名古屋ギター
       コンクール 第4位

第35回日本ギターコンクール
オヌール・ソロ部門 審査員賞

第18回JGAギター音楽祭
 "Kyo-en"in2007東京に出演

スコット・テナントの
      マスタークラスを受講

ドイツ・ヴァイカースハイム
        国際音楽祭に参加

フレッシュクラシックコンサート
         2002 出演

芸術集団2008
        支援アーティスト

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク