名古屋で一人旅を…

名古屋に着いて、すぐ「徳川美術館」へ。
戦国好きの私がお気に入りの美術館で、9年振りの見学。

昼食は、両親とよく食べに行った「以ば昇」というウナギ屋で、
「ひつまぶし」を10年振りに堪能…。

その後清洲へ向かい、「清洲城」を見学。
名古屋に戻り、「名古屋城」を見学。

その後、小学校時代に住んでいた「水草団地」周辺を散歩。
建物や景色は変わっていなかった。
懐かしさのあまり、写真を撮りまくった。

その後名古屋駅に戻り、
当時住んでいた時にはなかった「ツインタワー」に上ってから、
父親と合流。久しぶりに父親の会社の人に再会。
一緒に酒を飲んでから、父親と大阪へ向かった。
スポンサーサイト

名古屋ギターコンクールのレポート

月曜の練習中に痛めた、右手親指の付け根の痛みがひかない…。
しかし、焦る事は無い。ゆっくり治していこう。

改めて「現代ギター」の名古屋ギターコンクールのレポートを読んだ。
採点表に1位を付けた審査員が2人いたが、
7位(本選最下位)を付けた審査員も2人いた。

毎回コンクールでの自分の評価は、
このように大きな開きがあることが多い。
もう少し、
審査員全員から一定の高い評価を得られるようにしたい。

演奏会シリーズ、終了

最後の演奏会は、不満が残る演奏だった。

まだまだ、精神的なスタミナが足りない…。
4曲目の「グラン・ソロ」ではミスの連発。
1番の原因は、練習不足だ。

今週は、稀にみる忙しさで練習時間が無かった。
今日になっても疲れがとれていない。
なるべく早く寝て、睡眠を十分に摂ろう。

リーキャン、終了

4年での参加は、私1人。
1・2年生の若さには負けるから、おとなしくしていた。

今どきの1・2年生は、
私が1・2年生だった頃に比べると、全く違っている。

1つは、コンパ。
若い世代はソフトドリンクのような酒しか飲まないから、酒が弱い…。
だから、コンパの場がおとなしくなった。
2つは、上下関係。
今は、良くも悪くもフレンドリーに上の人間に対して接してくる。
私の世代では考えられなかった事だ。
就職して社会に出た時に苦労するのでは?と思う。

変わってきているんだなぁ~、と感じたリーキャンでした。

第13回JGA音楽祭“kyo-en in 東京”

改めて合奏の難しさを知った。

なんでもないフレーズを、リハでも控え室の練習でも弾けず、
自分勝手に走ってしまい、先生から注意を受けまくって、
自分の実力の無さにかなりヘコんだ…。

よって本番ではコンクールに臨む位のテンションに持っていって、
何とか弾きこなした。
合奏でこんなに緊張し、弾き終わりの達成感を感じたのは初めてだ。

打ち上げでは飲み過ぎた。
明日からリーキャンだというのに…。

箱根旅行

1泊2日のギタークラブ箱根旅行から帰還した。

箱根旅行 (9)

ギター関連の合宿とスキー旅行以外の純粋な観光旅行は、
ウン10年ぶりだ。
ギターの事をなるべく考えないようにして、完全リフレッシュした。

しかし、忙しさのピークはこれからだ。
演奏会に備えて、2日間のブランクを週末までに取り戻したい。
プロフィール

前田 司

Author:前田 司
前田 司 ギター教室 主宰

第24回スペインギター
     音楽コンクール 第1位

第18回日本ギター
     重奏コンクール 第1位

第27回GLC学生
     ギターコンクール
       大学生の部 第1位

第41回クラシカルギター
       コンクール 第3位

第10回名古屋ギター
       コンクール 第4位

第35回日本ギターコンクール
オヌール・ソロ部門 審査員賞

第18回JGAギター音楽祭
 "Kyo-en"in2007東京に出演

スコット・テナントの
      マスタークラスを受講

ドイツ・ヴァイカースハイム
        国際音楽祭に参加

フレッシュクラシックコンサート
         2002 出演

芸術集団2008
        支援アーティスト

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク