文連交流会での演奏

文連交流会は、立食パーティー形式だった。
よって、かなり騒がしかった(まぁ、予想はしてたけど…)。

そんな中での演奏は、基本的にはヤケクソで弾いた。
でも、聴いている人のウケは良かったみたいだ。
スポンサーサイト

マスタークラスレポート

今月号「現代ギター」に、
スコット・テナントのマスタークラスレポートが掲載された。

緊張のあまり、スコットのアドバイスを忘れていた事もあったが、
レポートを見て思い出せた。

相変わらず写真では、下を向き目を閉じている。
来月号に掲載される予定のクラシカルギターコンクールの写真は、
初(!?)の目が開いている写真を期待している…。

街のギターコンクール~学生の部~

4ヵ月ぶりに友人とプールへ行った。
意外と体が動いて泳ぎやすかった。

その後、クロサワ楽器新大久保店主催の
「街のギターコンクール~学生の部~」に、
後輩が出場するので観に行った。

何とその後輩が、次点(4位)となった。
教えたまではいかないが、アドバイスをしていた後輩が、
小さなコンクールながらも入賞した事は嬉しいものだ。

海外の講習会への参加

とあるフルート奏者から、
ドイツで開催される「ヴァイカースハイム国際音楽フェスティバル」の
フルート・ギター重奏部門コンクールへの、参加打診を受けた。

海外で演奏するなんて何年も先の事だと思っていた。
今後、自分とってプラスになると思う。
合わせモノの難しさはあるが、
自分の実力を海外でもしっかり発揮出来るように準備をしたい。

第3回 大東文化大学ギタークラブ 現役・OB合同演奏会

ギタークラブの「現役・OB合同演奏会」。
3-daigaku.jpg

今年から幹事長という事もあり、合奏の指導だけで無く、
準備や挨拶、設営と、すべての取り仕切りに追われて、
非常に疲れた…。

そんな中での独奏は、ミスの多い演奏だった。

コンクール後の気持ち

いつも思う事だが、
コンクール直後の何日間かの穏やかな日々が、私はとても好きだ。

重荷が外れたというか、極度のプレッシャーから開放されたいうか、
穏やかな雰囲気に癒されて、体が充電しているのが分かる。

去年のクラシカルの本選では、
メジャーコンクール初の本選出場、という事で、
完全に舞い上がっていたが、
昨日はある程度余裕があったし、楽しさを感じる瞬間もあった。
本選慣れしてきたと思う。

最近、ギター関係者から
「いつも、必ず予選は、通過するよねぇ~」と言われる。
裏を返せば、
「予選は通過するが、本選では、イマイチ…」という事だ。

スペインでは当たり前のように予選を通過し、
本選で結果を出して挽回したい。

第34回クラシカルギターコンクール

コンクールの結果は、本選に残り、第5位だった(1位は無し)。
去年と同じ順位だった。そこそこ満足している。

本選課題曲は、練習不足だったからそれなりの演奏だった。
ダメな演奏は「魔笛の主題による変奏曲」。左手が落ち着かなかった。

これで去年から出場した5回のコンクールで、
連続で予選を突破して本選に残った事になる。
でもこれからは、予選突破だけに満足しないで、
本選でどう演奏するかに、もっと重点を置くべきだろう。

次は、スペインギターコンクールだ。
5ヶ月も時間があるから、しっかり準備をしておきたい。

今日は、本当に本当に疲れた…。
ずっと睡眠不足でもあった。しっかり体を休めたい。

明日、コンクール

できるだけの抵抗(!?)はした。
あとは、運を天に任して、己の実力を信じて弾くのみだ。

今回は、コンクールを楽しみたい。
まぁ無理な話だが、気合いを入れ過ぎてもいけない。

楽しく演奏したい。

コンクール迄、あと2日

コンクールで本選に残れなかった事が2回あるが、
その時は、悔しくて、辛くて、情けなくて…。ショックが大きかった。

最近、何とか本選に残れているから、
予選落ちをしたら、またショックを受けるのだろう。
それが、とても怖いのだ。

ただ今は、以前と状況が違う。
自分の演奏力を冷静に判断出来るようになったし、
是が非でも、タイトルを獲らなくてはいけないっ!という訳でも無い。

どんな結果になろうとも、
しっかり受けとめる事が出来るようになりたい。
プロフィール

前田 司

Author:前田 司
前田 司 ギター教室 主宰

第24回スペインギター
     音楽コンクール 第1位

第18回日本ギター
     重奏コンクール 第1位

第27回GLC学生
     ギターコンクール
       大学生の部 第1位

第41回クラシカルギター
       コンクール 第3位

第10回名古屋ギター
       コンクール 第4位

第35回日本ギターコンクール
オヌール・ソロ部門 審査員賞

第18回JGAギター音楽祭
 "Kyo-en"in2007東京に出演

スコット・テナントの
      マスタークラスを受講

ドイツ・ヴァイカースハイム
        国際音楽祭に参加

フレッシュクラシックコンサート
         2002 出演

芸術集団2008
        支援アーティスト

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク