コンクールを振り返って

スペインギターコンクールでは、自分の持ち味を存分に出さなかった。
セーフティーに行き過ぎた結果が、予選落ちだったと思う。

とある有名ギタリストに、
「前田君の演奏は、アグレッシブ過ぎるよ」と言われたが、
私の持ち味はアグレッシブで多彩な表現で演奏する事だ、
と思っている。

今まで持ち味を完璧に出してうまく弾けたとは思っていないが、
次の名古屋では、
自らの持ち味を大事にして演奏できるように練習する。
スポンサーサイト

ジョン・ウィリアムスのコンサート

8年ぶりにジョンの演奏を聴いた事になる。

素晴らしいテクニックだった。しかも楽に演奏している。
無駄な力が入っていない。自分にとっては、とても参考になる。

楽に演奏する事は簡単そうで難しいが、
これからの練習で意識して弾いていきたい。

昨日の演奏について

練習不足という事は絶対に無い。曲の仕上り状態は、
今までのコンクール前の中では1番良い状態だったし、
どんな状況でも演奏できるようにもした。

しかし、結果は予選落ち…。

国内コンクールでは、
2001年12月の名古屋以来の予選落ちだったから、
昨日はかなりヘコんだ。

コンクールは水物、時の運、etc…、
というのは十分、分かっている。
ただ今回、結果が出なかった事は非常に悔しい。

次の名古屋でも同じような結果では、
先が見えなくなってしまいそうな気がするので、
必ず良い結果を出さなければならない。

第21回スペインギターコンクール

結果は、予選落ち。

予選での演奏は、
技術的ミスを序盤にしてから、自分のペースで演奏出来ずに、
落ち着いて弾けなかった。

「普段着の演奏」が出来なかった。
楽しく弾く事も出来なかった。

悔しい…。自分が情けない…。
まだまだ実力が無い、と言う事だろう。

明日…

今までのコンクール前夜で1番落ち着いてる。
今日は、すぐ寝付けそうだ。

明日のコンクールの目標は、「普段着の演奏」だ。
そうすれば、おのずと結果が出てきそうな気がする。

力まずに、いつも通りに弾くようにしたい。
まずは予選突破したい!

コンクールまであと4日

今までの練習スタイルを一新してからの、
最初のコンクールがあと4日だ。

だからと言って、期待感も不安感も以前より無い。
また、有力な出場者を意識する事もない。

何故か、今までになく落ち着いている。
余裕、というのではない。
なんだろう~?

ただ強烈に思う事は、早くコンクールが終わって欲しい、という事だ。
プロフィール

前田 司

Author:前田 司
前田 司 ギター教室 主宰

第24回スペインギター
     音楽コンクール 第1位

第18回日本ギター
     重奏コンクール 第1位

第27回GLC学生
     ギターコンクール
       大学生の部 第1位

第41回クラシカルギター
       コンクール 第3位

第10回名古屋ギター
       コンクール 第4位

第35回日本ギターコンクール
オヌール・ソロ部門 審査員賞

第18回JGAギター音楽祭
 "Kyo-en"in2007東京に出演

スコット・テナントの
      マスタークラスを受講

ドイツ・ヴァイカースハイム
        国際音楽祭に参加

フレッシュクラシックコンサート
         2002 出演

芸術集団2008
        支援アーティスト

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク