FC2ブログ

レコーディング

20070409154607
久し振りにレコーディングをスタジオで行なった。

演奏の録音となると、
コンクールで第一次予選のテープ審査の為の録音がほとんどで、
様々な機材を連結させての録音は初めだった。

ヘッドホーンを付けてリズム音を聴きながらの演奏は、
いつもと勝手が違うので少し戸惑ったが、
何とか、1発OKで撮る事が出来た。
スポンサーサイト

不愉快、極まりない

中国で開催されているアジアカップで、
日本は決勝トーナメント進出を決めた。

それにしても、試合中のブーイングが凄い…。
相手チームのサポーターからなく地元の観客からだ。

歴史的な問題が絡んでの事だが、スポーツにはなんの関係も無い。

「スポーツを観る文化」を考えてもらいたい。
試合を観ていて、不愉快だ。

リクエスト曲

今はコンクールの曲をメインに練習しているが、
急遽、練習しなくてはならない曲が増えた。

友人の結婚式が今月末にあり、
2次会でギターを弾いてくれ、との依頼が。

新婦のリクエストで
「マイ・フェイバリット・シングス」を演奏する事に。

以前から、いつかは弾こう、と思っていたので、
軽く引き受けたが、いざ譜面を見ると難しい…。

ジャズっぽく弾く箇所が、なかなか決まらない。
なるべく早く譜読みを終わらせて、弾きこまなくては…。

ギリシャ、優勝

まさか、EURO2004でギリシャが優勝するとはっ!!!
誰も予想していなかったに違いない。
欧州CLも予想外の展開でFCポルトが優勝した。

もう欧州には、
強豪国と強豪国以外の国とのレベルの差が無い事を示した結果だろう。
強豪国の殆どが、のびのびプレーしてないように見えて、
受け身に立って試合をしていたように見えた。

ギリシャの戦術は、モダンサッカーとは程遠い、
昔ながらのドイツ古典サッカーの匂いするチームであった。
プロフィール

前田 司

Author:前田 司
現在までに小泉 広、糸山泰弘、北沢重靖、畑内 浩、佐野正隆、加藤繁雄の各氏に師事。
スコット・テナントのマスタークラスを受講。
第18回JGAギター音楽祭"Kyo-en"in2007に出演。
ドイツ・ヴァイカースハイム国際音楽祭2003に参加、
フレッシュ・クラシック・コンサート2002出演。
第24回スペインギター音楽コンクール、
第18回日本ギター重奏コンクール、
第27回GLC学生ギターコンクール 大学生の部で優勝。

前田 司 ギター教室 主宰、
芸術集団2008 所属アーティスト。
日本ギター合奏連盟常任理事、
日本ギタリスト協会委員、
公益社団法人日本ギター連盟正会員。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク