ベンチャーズ コンサート

観客の年齢層は、かなり高かった。

一緒に行った母親曰く、知らない曲は1曲しかなかったみたいだ。
もちろん私は知らない曲ばかりで、寝てしまった…。
曲調が似ている曲が多くて飽きてしまったが、
エンターテイメント性は十分にあり、楽しめた場面もあった。

ベンチャーズはおじいちゃん集団だ。
でも、アグレッシブにギターを弾いていた。

私もその位の歳になっても、
アグレッシブにギターを弾きたいものである。
スポンサーサイト

歌との合わせ

初めての歌(声楽)との、合わせ練習があった。

他楽器の合わせの経験はあるが、歌の合わせは全く無かったし、
ピアノ譜からギター伴奏用にアレンジしたので、
うまく合わせる事が出来るか不安だったが、
思っていたよりも、合わせがうまくいった。

また新たな経験が出来ることは、自分にとってプラスな事だ。

私は、涙もろい男である。

20歳を過ぎてからは、よく涙するようになった。

愛読している漫画のとあるシーンは何度も読んでいるのだが、
必ず涙が出るし、
テレビやドラマ、映画で感動的なシーンがあると必ず、涙が出る。

今日もそうだった。ドラマ「南君の恋人」が最終回だった。
私はこのドラマを殆ど観ていない。
昔の放送は見てたのだが、今回はどうもリメイク盤らしい。

そしてそのリメイク盤は、昔とは違いハッピーエンドだったのだ。
そのラストシーンで、…涙がホロリと出てきそうになってしまった。

ギタークラブ、合宿

OBとして初めて参加。

OBとしての参加は現役時代の時と比べると、楽だ。
全体の流れを考える必要はなく、夕食後はすぐ風呂に入れる。

現役時代は合宿時には21時前に風呂に入った事はない。
それに、合奏フェスティバルの為の練習なので曲も少ない。

まぁ、楽っちゃ~楽だった。
プロフィール

前田 司

Author:前田 司
前田 司 ギター教室 主宰

第24回スペインギター
     音楽コンクール 第1位

第18回日本ギター
     重奏コンクール 第1位

第27回GLC学生
     ギターコンクール
       大学生の部 第1位

第41回クラシカルギター
       コンクール 第3位

第10回名古屋ギター
       コンクール 第4位

第35回日本ギターコンクール
オヌール・ソロ部門 審査員賞

第18回JGAギター音楽祭
 "Kyo-en"in2007東京に出演

スコット・テナントの
      マスタークラスを受講

ドイツ・ヴァイカースハイム
        国際音楽祭に参加

フレッシュクラシックコンサート
         2002 出演

芸術集団2008
        支援アーティスト

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク