東京Vvs広島

20070409152026
予定よりも早く、サッカー生観戦が実現したっ!!
ナビスコカップ予選リーグ、
東京Vvs広島のゲームを国立競技場で観戦した。

当たり前だが、国立競技場はデカかった。
ゲートを潜ってフィールドを見渡した時は、
ガキのように興奮してしまった。

やはり、テレビと生観戦は迫力が全然ちがう。
ボールの無い所でのポジショニングやDFラインの上下動、
相手選手の裏を取る動きなど、
テレビで画面上で見えないところが、今日は良く観れた。

スコアは2-2で、
得点シーンをしっかり観る事が出来たのもラッキー。
貴重な体験をさせてもらった。
スポンサーサイト

チャンピオンズリーグ決勝

I LOVE FOOTBOOL!!!
…と叫びたくなる程の試合だった、
欧州CL決勝戦、ミランvsリバプール。

まさに、スペクタクル&スペクタクル!!
最初から最後まで、興奮しっぱなしのゲームだった。

CLの決勝戦と言えば、
こんなに激しい点の取り合いになるのは珍しく、
お互いの持ち味を消し合う、
シビアな戦いという予想を立てるのが常だ。

しかし、予想に反しての戦いぶりに、非常に満足したっ!!

前園真聖の引退

新聞のスポーツ欄を見たら、
前園真聖が引退する、という記事を目にした。

前園が、韓国Kリーグ仁川ユナイデットに所属して、
入団当初は、得点こそ無かったがアシストランキングの
トップにランクされていた事もあった。
それ以来、全く前園の情報は、入って来なかったのだった。

記事によると、仁川を退団してから
セルビア・モンテネグロのクラブチームの練習に参加していたが、
入団には至らなかった様で、
そこで年齢の事を考えて、引退を決意したという。

前園は、アトランタ五輪までは非常に順調なサッカー人生だった。
アトランタ五輪後に、
スペインリーグのセビリアからのオファーがあったのだが、
翌年のフランスW杯予選の事を考えて、セビリアには行かなかった。

もしこの時にセビリアに行っていたら、
前園のサッカー人生は晴れやかなものになっていて、
日本サッカーを未だに引っ張っている存在だったかもしれない…。

アトランタ五輪後は、
A代表に選ばれたが戦術にフィットせずに調子を崩し、
V川崎に移籍してもパッとせずに、ブラジルに渡ったり、
J2でプレーしたり…。
またV川崎に戻ったのだが、
アトランタ五輪代表の頃のコンディションには戻らず…。

本当に残念な事だった。
カズに続く世界で通用するプレーヤーになり得ただろう前園の引退は、
私にとっても、とても悲しい事だ。

最近、「前田」が調子がいい。

でも、私の事ではない。
Jリーグで活躍している、各チームの「前田選手」の事である。

前節では、G大阪の前田が記念となる1万ゴールを挙げ、
昨日はアシストも決めた。
広島の前田は、昨年ユース登録ながらもトップ出場し、
昨日も途中出場からゴールを決めた。
来月に行われるWユースのメンバーに
選ばれるかもしれないくらいの活躍だ。
そして、C大阪の前田は高卒ルーキーながら
3バックの左でレギュラーに定着している。
そして、ようやく調子を上げた磐田は若手の活躍が目立つ中、
その若手の代表格が、前田。
FWとMFと両方をこなす事が出来る程のテクニシャンで、
前田が磐田にとって貴重な戦力となっている。

肝心の私、前田司も、
Jリーガーの前田達に負けない様に頑張らねば…。
プロフィール

前田 司

Author:前田 司
前田 司 ギター教室 主宰

第24回スペインギター
     音楽コンクール 第1位

第18回日本ギター
     重奏コンクール 第1位

第27回GLC学生
     ギターコンクール
       大学生の部 第1位

第41回クラシカルギター
       コンクール 第3位

第10回名古屋ギター
       コンクール 第4位

第35回日本ギターコンクール
オヌール・ソロ部門 審査員賞

第18回JGAギター音楽祭
 "Kyo-en"in2007東京に出演

スコット・テナントの
      マスタークラスを受講

ドイツ・ヴァイカースハイム
        国際音楽祭に参加

フレッシュクラシックコンサート
         2002 出演

芸術集団2008
        支援アーティスト

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク