ラウルミドン

“ラウルミドン”という
「山崎まさよし」と「押尾コータロー」を足して2で割って、
それを10倍にした様なアーティストのライヴに行った。

特殊奏法を駆使して、
ハイレベルなテクニックでギターをかき鳴らしながら歌っている
パフォーマンスに、ただただ脱帽…。

オープニングからの数曲、私はずっと口を開けたままだった。
それほど圧倒され、また衝撃的だった。

好きなギタリストである山崎まさよしと押尾コータローが
小さく見えてしまうほど、
ラウルミドンは素晴らしい“ギタリスト”だった。
スポンサーサイト

今年の目標

どうも1月というのは、何か“目標”を立てて実行しよう、
という気になってしまう月だ。……大した事ではない。

年明けに「山崎まさよし」のライヴ映像を観た為か、
1・2週間で1曲、山崎まさよしの曲をマスターしよう、とか、
月に最低1枚はCDを買うかレンタルで借りよう、
とか、そんな程度だ。

ココにもう1つ目標を…。週に1回は映画を観る、だ。
何年か前にもチャレンジしたが、撃沈…。
飽きっぽい性格が災いして、1月の目標はいつも3月頃には忘れてる。

さて今回の目標を忘れてしまうのは、いつだろうか……?

2シーズン振りのスキー旅行

20070409145846
2シーズン振りのスキーは、大雪に見舞われる事なく快適だった。
立派なリゾートホテルで、食事や露天風呂を堪能。

肝心の滑りは、ブランクを感じる事なく、
以前より速く巧みに滑れた(^^ゞ

やはり、スキーに行く時は、お金を掛けてでもホテルに泊まって、
優雅に過ごすべきだと、改めて思った。

山崎まさよしに改めてハマる…

年明けから“山崎まさよし”モードに。
2・4日にBS放送でライヴの模様が放映され、
それを録画して良く観ていた。
改めて、山崎まさよしの音楽的能力の高さを実感した。

ギターはもちろん、ブルースハープとピアノ、
パーカッションまで1人でやってしまう。
オールラウンドに自分の世界を表現できる事は彼の才能だろう。

久し振りに、私も弾き語りをやってみたくなり、
デビュー10周年記念の『山崎まさよし 全曲集』を
買ってしまった(苦笑)
プロフィール

前田 司

Author:前田 司
前田 司 ギター教室 主宰

第24回スペインギター
     音楽コンクール 第1位

第18回日本ギター
     重奏コンクール 第1位

第27回GLC学生
     ギターコンクール
       大学生の部 第1位

第41回クラシカルギター
       コンクール 第3位

第10回名古屋ギター
       コンクール 第4位

第35回日本ギターコンクール
オヌール・ソロ部門 審査員賞

第18回JGAギター音楽祭
 "Kyo-en"in2007東京に出演

スコット・テナントの
      マスタークラスを受講

ドイツ・ヴァイカースハイム
        国際音楽祭に参加

フレッシュクラシックコンサート
         2002 出演

芸術集団2008
        支援アーティスト

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク