ソロコンサートに向けて

今日は、学生時代の飲み友と飲み会。
セーブしてたつもりが、昔周りから酒豪と呼ばれた同士、
激しい飲み会になりました(^-^;

今日のHPは、3月11日のコンサートについての更新。
IMG_0001_20090409140558.jpg

チラシもチケットも届き、いよいよ臨戦態勢に突入。

初めてのオールソロロングプログラムに向けての練習に際し、
自分にとって大事な事は、
“暗譜の徹底”と“身の丈に合った演奏”が出来る準備をする事。

危機感を自ら植え付ける訳ではないが、
これが最後のソロコンサートだと思って、
今出来る限りの最大限の努力をするつもり…。

必ず、自分にとって最高のソロコンサートになるように、
悔いの無い準備をしたい。
スポンサーサイト

デュオコンサート

地元の北千住マルイでの、2回目のフルートとのデュオコンサート。

何だかスランプぎみだ。
ニューイヤーといい今日といい、どうも良い演奏ができない…(>_<)
まぁ、好不調の波があって当然で、今は不調な時なんだろう。
深刻に考えても事態は変わらないんだから、前向きにいこう ^_^;

さて、ちょうど1ヶ月後は“アンダンテ バウムコンサート”だ。
準備に関しては、今の時点では順調に進んでいる。

弾き慣れている曲ばかりなので、
技術や表現に関しての不安はあまりない。

初のオールソロプログラムに際しての唯一の不安は、『暗譜』だ。

昨年11月の優勝記念リサイタルでは、
ソロの間にカルテットとデュオを入れた事で一息つく時間があり、
ロングプログラムをこなす上でメンバーには非常に助けられた。

しかしオールソロリサイタルでは、
誰も助けてくれないし、頼れるのは自分だけ…。

自信を持って強気で弾くには、
暗譜の正確性が大きな位置を占める筈だ。

残された1ヶ月間で、楽譜の読み込みを徹底的にやるぞっ!!

一夜明けて…。

昨日の失態の原因は、単なる準備不足。

「コンクールじゃないから、そんなに気合いを入れて準備する必要はないだろう」
という思いが少なからずあった。

練習はしたのだが“楽譜をしっかり読み込む”事を怠っていた。
だから、気持ちを落ち着ける寄り所が無く、過緊張に。
コンクールの時は珍しく一滴も汗をかかなかったが、
昨日はたった約8分間の演奏で大汗をかいていた程だった。

今年は6年間続けてきたコンクール挑戦を一時ストップする。
だからこそ公式な場での演奏会では、
コンクールに臨むくらいの準備をしなければならない。

じゃないと、自分自身が成長しない気がする。

何度もチャレンジし、何度も失敗を繰り返してここまできたんだから、
何も考えずに思いっきりチャレンジできる状況にまでもっていけるように、これからは準備を万全にするつもりだ。

第33回 ニューイヤーコンサート

俺、何やってんだろう…。
弾き直しに、すっ飛ばしのオンパレードで、最悪の演奏に。

忘れよう、忘れるんだと思っても、心の何処かで
「優勝者なんだから、良い演奏をするぞっ!!」という意識が働いて、
“身の丈にあった演奏”をしようとしなかった…。

客席の最前列に後輩がいたのも気が付かない程、余裕が無かった。

メンタルの弱さを感じた演奏会だった。
プロフィール

前田 司

Author:前田 司
前田 司 ギター教室 主宰

第24回スペインギター
     音楽コンクール 第1位

第18回日本ギター
     重奏コンクール 第1位

第27回GLC学生
     ギターコンクール
       大学生の部 第1位

第41回クラシカルギター
       コンクール 第3位

第10回名古屋ギター
       コンクール 第4位

第35回日本ギターコンクール
オヌール・ソロ部門 審査員賞

第18回JGAギター音楽祭
 "Kyo-en"in2007東京に出演

スコット・テナントの
      マスタークラスを受講

ドイツ・ヴァイカースハイム
        国際音楽祭に参加

フレッシュクラシックコンサート
         2002 出演

芸術集団2008
        支援アーティスト

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク