FC2ブログ

第38回 発表会(in Saitama)

ソロを弾かない発表会は、19歳の時に初めて参加した発表会以来。

演奏順にいくと、まずはアネモスギターカルテット。
みんな落ち着いて弾けたし、予想以上にうまくいったと思う。

次に、デュオ。
技術的難易度の高い曲で、正直指が動かなかった。
でも、勢いでパワーだけで何とか弾き切った感じの演奏。
パートナーには迷惑をかけてしまった、(^o^ ;

最後に、アンサンブル。
最悪の出来に…。初めて任されたソロパートだったが、
調弦は狂うし指が回らずミスを連発。
また、アンサンブル全体がバラバラだった。
これは、演奏以前の問題…。

不完全燃焼な発表会となったとなってしまったような気がする。
スポンサーサイト

マルイフロアコンサート

今日は草加店で初めて演奏した。

自分的にはお客さんが少なく感じたが、
販促の方曰く、聴いてくれたお客さんは多い方だったみたいだ。

ギターの音量に不安があったので、
精一杯強いタッチで弾き続けたら、爪がやや欠けてしまった。
2日連続のコンサートで爪も悲鳴を上げたようだ。

爪だけではない。正直、体も…。
ホントに、疲れた。疲れ果てた感じだ。
ゴールデンウィークなのに、休みなく突っ走った。

来週の完全オフ日は1日しかないがスケジュール的には楽なので、
まずは、体を休ませる事に専念します(笑)

フルート&ギターデュオコンサート

横浜・二俣川サンハート音楽ホールでのデュオコンサート。

デュオをやる上で大事な事は、自分の伴奏を聴きながら
相手のメロディーを聴きバランスを取る事だが、
これがなかなか難しいと再認識した。

私は当然、音大出身ではないので室内楽の勉強はしてないない。
だから、数をこなして経験を積んでいくしかないのだ。

バランスを取る為に、
今の私にはギター重奏・合奏と違う“余裕の持ち方”が必要と感じた。

柏vs新潟

20070504121940
今季初のJリーグ観戦は、
これまた初めての柏の葉総合競技場。

つくばエクスプレスが開通してからは、
自宅から1番近いスタジアムとなり、
実際に、最短で家からスタジアム1時間で到着する程だった。

試合レポートは土曜日の更新で掲載します。

さて、その土曜日のデュオコンサートがいよいよ迫ってきた。
3月のソロコンサートのプレッシャーに比べると、
今回のコンサートは楽しみながら演奏できそうだ。

あとは本番でどれだけ“集中力”を持続できるか、だと思う。
プロフィール

前田 司

Author:前田 司
現在までに小泉 広、糸山泰弘、北沢重靖、畑内 浩、佐野正隆、加藤繁雄の各氏に師事。
スコット・テナントのマスタークラスを受講。
第18回JGAギター音楽祭"Kyo-en"in2007に出演。
ドイツ・ヴァイカースハイム国際音楽祭2003に参加、
フレッシュ・クラシック・コンサート2002出演。
第24回スペインギター音楽コンクール、
第18回日本ギター重奏コンクール、
第27回GLC学生ギターコンクール 大学生の部で優勝。

前田 司 ギター教室 主宰、
芸術集団2008 所属アーティスト。
日本ギター合奏連盟常任理事、
日本ギタリスト協会委員、
公益社団法人日本ギター連盟正会員。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク