涙、涙、涙…(苦笑)

嗚咽が出ないように必至に抑えながらの号泣でした
数日前に「ツレがうつになりまして」を観に行った時の事です。
余りにも涙が出過ぎてビックリした位です(笑)

2年前に放送されたドラマ版も全話観ましたが、
今回の映画版の方が断然良かったです!!

ちょうどドラマ放送された時は、
私自身に色々とありまして苦しい時期を乗り越えようとする時だったので、
興味深くドラマを観ていました。

今は楽しんでこの映画を観る事ができたので、
その事からはもう完全に乗り越えたんだなぁ~と、
気楽に思えるようになった事までこの映画を通して実感できたように思えます


では、コンサート出演情報です♪


次回は、『鴎外荘 沙羅の木週末コンサート』に出演します。


♪ 10月30日(日)    
場所 : レストラン沙羅の木
出演時間 : 18:30~ / 20:30~ 

プログラム~フルートとデュオ~

メヌエット(L.ボッケリーニ)

いつも何度でも(木村 弓)

愛の讃歌(M.モノー)

ふるさと(岡野貞一)

浜辺の歌(成田為三)

YESTERDAY ONCE MORE(R.CARPENTER&J.BETTIS)

Over The Rainbow(H.Arien)

愛の挨拶(E.エルガー)

他。

レストラン「沙羅の木」では、
毎週金・土・日に週末コンサートを開催しております。
通常料金にてコンサートをお楽しみ頂けます。
またお飲み物のみのお客様は
ワンドリンク1,000円(税・サービス料込み)にて
生演奏をお楽しみ頂けます。
スポンサーサイト

合奏フェスティバルを終えて…

「あぁ~、これで今年は終わりだぁ~」と思ってしまう(笑)
勿論そんな事は無いけど、それだけの達成感はある。

それは“指導者”or“指揮者”として参加すると尚更だ。
母校を指揮する先輩ギタリストも同じ事言ってたし(^^)

指揮者は舞台でのパフォーマンスだけじゃなく、
本番までのプロセスまでもが評価の対象になると思ってるし、
生徒の力を引き出しつつ、ベストのアンサンブルができる状態までに、
導いていく事にプレッシャーがある。

けど、そんな想いを表に出していてはプロじゃないし、
メンバーである生徒達に本番への不安を助長させるだけだから、
本番直前まで気丈に振る舞う必要もある。

そんな様々な想いがあっても、練習を重ねて培ったモノはウソをつかないので、
生徒達は緊張感に支配されながらもしっかり演奏してくれたし、
私自身ステージ上の一瞬一瞬を本当に楽しみながら指揮をする事ができました(^-^)v
IMG_0754.jpg

知り合いのギター仲間との打ち上げで飲むビールは、
演奏者として参加した後に飲むビールとは違い、
五臓六腑に深く染み渡る程に旨いビールでした(笑)

実は今、接骨院に通ってます

先月初旬、ジョギング中に尻の辺りに痛みを感じ、
途中から走れない程になってました

その後、何故か腰にも痛みを感じたのでジョギングを休止し、
様子を見ていたのですが、いっこうに腰の張りがなくならないので、
接骨院へ行きました。

診断の結果は、“腰の捻挫”…

背中の贅肉を引き締める運動の最中に痛めたのかもしれません

接骨院で治療してもらってるのは、
中学の同級生で、今も“飲み友”の友人。

その友人に毎回私の“生尻”を見せて治療してもらってます(笑)


では、コンサート出演情報です。

次回は、『第23回 日本ギター合奏フェスティバル』に、
私が指導している「リバースアカデミー師友塾ギターアンサンブル」の、
指揮者として出演します。
合奏フェスティバル
♪ 10月8日(土)    場所 : きゅりあん大ホール
開演 : 12:30  入場無料

出演プログラム

「想い出は銀の笛」より
第2楽章 真紅のルビー、第5楽章 ブルー・パステル(三浦真理~前田司編)
          ~リバースアカデミー師友塾ギターアンサンブル~

*指揮者としての出演・第3部(14:44以降の予定)の出演。


リバースアカデミー師友塾ギターアンサンブルの出演は、
第3部の2番目で、演奏予定時間は14:52です。

腰に不安はありますが、頑張って指揮を振りたいと思います
プロフィール

前田 司

Author:前田 司
前田 司 ギター教室 主宰

第24回スペインギター
     音楽コンクール 第1位

第18回日本ギター
     重奏コンクール 第1位

第27回GLC学生
     ギターコンクール
       大学生の部 第1位

第41回クラシカルギター
       コンクール 第3位

第10回名古屋ギター
       コンクール 第4位

第35回日本ギターコンクール
オヌール・ソロ部門 審査員賞

第18回JGAギター音楽祭
 "Kyo-en"in2007東京に出演

スコット・テナントの
      マスタークラスを受講

ドイツ・ヴァイカースハイム
        国際音楽祭に参加

フレッシュクラシックコンサート
         2002 出演

芸術集団2008
        支援アーティスト

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク