今、少し、一息ついてます

よーやく、今は少し余裕を持つ事が出来ています。

先週末、クアトロ・パロスの千葉公演を終えました。
詳しくは、クアトロ・パロスのブログにてメンバーの多治川さんがレポートしてくれています。

クアトロ・パロスブログ:千葉でのコンサートが終わって( ´ ▽ ` )

主催の方より終演後の写真を頂きました。


振り返れば、3月中旬から怒涛の日々でした。
基本的に私は“何かに追われながら仕事をする”という事はあまり好きでは無いのですが、
好きか嫌いかという感情を確認する間もない位に、駆け抜けてきたような感じがしました。

今は、これまでおろそかにしていた事務作業などをしながら、新曲の譜読みに専念しています。
すぐにでも普段の練習ルーティンに戻したい気持ちはあるのですが、
今はまだそれを崩したまま、何曲かやらなければならない譜読みをさっさと終わらせてしまおうというプランです。

また5月から、少しでもギターに専念できるように今のうちに周りを固めているといった感じでしょうか。

余裕がある中でもあまり気を抜かずに、進められるものはどんどん進めて準備をしていきたいと思います!!


前田司コンサート出演情報:http://www.maedatsukasa-guitarschool.net/コンサート出演情報/


前田司ギター&ウクレレ教室:http://www.maedatsukasa-guitarschool.net
スポンサーサイト

週末は、千葉でパロス!!

先週、怒涛の1週間から無事生還しました(苦笑)

3日間の超ハードなレコーディングから1日置いて、
第3回前田司ギター教室おさらい会も無事に終える事が出来ました(^O^)/

私の司会の模様だけをアップします。

ご来場下さった方のFacebookからお借りしました。

今回から初めて三部構成にして、
最後は有志でアンサンブルをやり、打ち上げもとても盛り上がりました!!
参加頂いた生徒の皆様、本当にありがとうございました(^-^)

そして、その翌日は夕方まで機能せず、完全に干からびておりました(笑)
1週間、睡眠不足の中で身を削る想いでひたすらギターを弾いていたので、披露が限界値をとっくに超えていたので、翌日も良く眠れました(苦笑)


そして、その後は23日(土)のコンサートに向けて頭を切り替えました。


クアトロ・パロスブログでもhagyがインフォメーションしてくれています。

クアトロ・パロス ブログ:クアトロ・パロスコンサート in 千葉のお知らせ♪

カルテットだけではない編成で何度か弾いた事はあるのですが、
実は今回、斉藤・多治川・前田でのトリオは初めてですし、
メンバー内で唯一組んだ事がない斉藤&前田デュオでも演奏もあります。

皆さま、ぜひ千葉にお集まり下さい(^-^)


前田司コンサート出演情報:http://www.maedatsukasa-guitarschool.net/コンサート出演情報/

前田司ギター&ウクレレ教室ホームページ:http://www.maedatsukasa-guitarschool.net

おさらい会、開演時間の変更

17日(日)の第3回前田司ギター教室おさらい会の開演時間を、
当初の予定を変更して14時30分からの開演とさせて頂きます。


生徒さんの演奏曲目は以下の通りです。

第一部
アンクラージュマン作品34より(F.ソル~コスト編)
君を乗せて(久石 譲~江部賢一編)
エチュード第4番ニ長調(M.カルカッシ)
別れの曲(F.ショパン)
フリアフロリダ(A.バリオス.M)
鐘の音(J.ペルナンブーコ)

休憩

第二部
エチュード第14番ニ長調(M.カルカッシ)
アルハンブラの想い出(F.タルレガ)
海の見える街(久石 譲~小関佳宏編)
主よ、人の望みの喜びを(J.S.バッハ)
ジェラシー(J.カーデ)
ソナチネ(M.トローバ)

休憩

第三部
紫陽花(リ・サフォン)
サラバンドとドゥーブルBWV1002(J.S.バッハ)
11月のある日(L.ブローウェル)
The Long and Winding Road(J.レノン&P.マッカートニー~江部賢一編)
summer(久石 譲~小関佳宏編)
ticket to ride(J.レノン&P.マッカートニー~竹内永和編)

合奏 オーバーザレインボー(H.アーレン~石田忠編)



おさらい会前なのに、3日連続で教室はお休みを頂いておりました。

理由は、とある所(ホール)で、とある事をしてました。


そして、数時間前に、とある事が終わりました(^^;;

何となくお分かりになると思いますが、詳細は近日中にお伝えします。


気力・体力を使い果たし、じっくり休みたいところですか、もちろんそんな訳にはいきません。

明後日まで、全力で突っ走りますよっ!!

少しずつ、一歩一歩、…あっ歳とっちゃったっ!!

新年度初日からのコンサートはいつもと同じ場所での演奏でしたが、
メンタル的にフレッシュな気分で臨み、とても心地良く演奏できた気がしました。

そして3日(日)には、日本ギター合奏連盟のレコーディングに向けたリハーサルをお昼前から夕方まで行い、
その後はクアトロ・パロスのリハーサルでした。

しかし、単なるリハーサルじゃなかったんです。

合奏連盟でもお世話になっている、
加藤繁雄先生、永島志基先生、佐藤弘和先生がリハーサルに立ち合って下さり、とても貴重なご意見を頂きました。
御三方の前でリハーサルをしていると、何だかオーディションを受けている気分にもなりましたが(笑)、
貴重のアドバイスを多く頂き、みるみるうちに曲が仕上がっていきました!!
とても有意義かつ貴重な時間を過ごす事が出来ました。ちなみに、打ち上げも楽しかったです。


そして、その5日(火)は合奏連盟のレコーディングをお昼から夜21時30分まで、計8曲収録しました。
時間ギリギリまでのレコーディングはなかなかスリリングでしたが、こちらも笑いの絶えないとても楽しい時間でした(^-^)


そんな楽しい時間もありましたが反して落ち込む事もありました(泣)

5日のレコーディング前に会場に着いた時、ケースから楽器が道に落ちてしまい裏板が傷つき、

そして、いざ気を取り直してレコーディングを開始しやうとギアを見た瞬間、④弦のギアが…(泣)


慎重に動かしてみると、何とか回ったので少しホッとしましたが、翌日改めて確認してみると、一周回らない事が判明しました…>_<…

藁をも掴む想いで以前ギア修理を依頼したお店に行くと、何と楽器に合うギアがありその場で取り付けてもらい、復活しました!!


いやぁ~冷や汗かきましたよ f^_^;)


先月右足と首を捻って現在も治療中だったのですが、
レコーディング前日に、何かの勢みで右足を強打し、立派なたんこぶができ、新たな痛みが加わって落ち込んでいたのに、
更に楽器が傷つくという強烈なダメージを食らい、本当に精神的にネガティヴになっていました。


しかし、物は考えようで、

・楽器を落とした時、演奏不能状態になっていたらレコーディングが出来なかった。

・私の楽器に合うペグがなければ、来週のとても大事なレコーディングが出来なかったかもしれない。

・最初の衝撃を受けたギアのお陰で、裏板の一部分しか傷つかなった。傷は修理に出せば2~3週間で完璧に直る。

・これからケースのロックは慎重にやるという習慣を身に付ける


というように、ポジティブに考えました。


やってしまった事を、いつまでもクヨクヨしてても仕方ないですから。

目の前にある“やらなければならない事”を、1つ1つ丁寧にこなしていく事で、自分に取り巻く状況を少しずつ打開して事が大切だと改めて感じました出来事になりました。

そもそも来週に迫った大事なレコーディング前に落ち込んでいる余裕など全くなく、
3日間のレコーディング後の2日後にはには、教室のおさらい会もありますし、

その翌日には、クアトロ・パロスの千葉公演があります。


先月末からのドタバタな日々は続きますが、
しっかりと足元を少しずつ固めていき、最後は有益な達成感を感じられるようにしたいと思った、36歳になった誕生日の夜でした(笑)
プロフィール

前田 司

Author:前田 司
前田 司 ギター教室 主宰

第24回スペインギター
     音楽コンクール 第1位

第18回日本ギター
     重奏コンクール 第1位

第27回GLC学生
     ギターコンクール
       大学生の部 第1位

第41回クラシカルギター
       コンクール 第3位

第10回名古屋ギター
       コンクール 第4位

第35回日本ギターコンクール
オヌール・ソロ部門 審査員賞

第18回JGAギター音楽祭
 "Kyo-en"in2007東京に出演

スコット・テナントの
      マスタークラスを受講

ドイツ・ヴァイカースハイム
        国際音楽祭に参加

フレッシュクラシックコンサート
         2002 出演

芸術集団2008
        支援アーティスト

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク