怒りが込みあがった批評に対して

某大学ギターアンサンブルの定演を観た。
そこのメンバーが大東の定演を観に来ていた。

そのメンバーは、アンケートに「合ってない…」だの、
「いまいち…」だの、「こういうのはちょっと…」だの、
どこぞの偉い評論家かギタリストが書くような事を、
さも上から見下すように書いていた。
よって、書いてる貴方様はどの程度の実力なのか、
と思って定演に行った。

正直言って、アンケートに偉そうに書いていた割には、
レベルが高いとは思わなかった。
しかし私は、アンケートに褒め殺しと思われる程に褒めちぎった、
嫌味の意味を含めて…。

とあるギター関係のHPの掲示板に、
『前田司は、左手のテクニックがなってなく、
音楽的になっていなかった』と書かれた。

書き込んだ人物は、私の同じようにコンクールを受けている人だが、
上位入賞経験も無く、本選会になると、
ロビーで遊んでいる姿を何度も見かけた事がある人だ。

私は、それなりの知識と実力、経験を持った人が、
私の演奏の批評をするのは構わないし、
それを真摯に受け止めて、参考にする。

しかし、その某大学のメンバーやHPの掲示板に書き込んだ人に、
批判されると、非常に腹が立つ!!!
私だって、他人の演奏を批判したりする。
だが、直接本人に向けてや公衆の面前では口にしないし、
誰もが見れるHPの掲示板には絶対に書き込まない。

今日、私がアンケートに書いた事に関して、
「大人げ無いないなぁ~」とか「器が小さいなぁ~」
と思われるかもしれない。

しかし、私が大切に想い、
自分の人生を大きく変えてくれたギタークラブ、
苦労しながら練習し、演奏を披露した最後の定演での合奏と、
後輩の独奏に関して、
同じ目線ではなく、
上から見下すような批判的なアンケートを書いた、
某大学のメンバーを許せずに、自分の怒りを押さえきれなかった。

掲示板で書かれた事も、いずれは掲載しようと思っていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

前田 司

Author:前田 司
前田 司 ギター教室 主宰

第24回スペインギター
     音楽コンクール 第1位

第18回日本ギター
     重奏コンクール 第1位

第27回GLC学生
     ギターコンクール
       大学生の部 第1位

第41回クラシカルギター
       コンクール 第3位

第10回名古屋ギター
       コンクール 第4位

第35回日本ギターコンクール
オヌール・ソロ部門 審査員賞

第18回JGAギター音楽祭
 "Kyo-en"in2007東京に出演

スコット・テナントの
      マスタークラスを受講

ドイツ・ヴァイカースハイム
        国際音楽祭に参加

フレッシュクラシックコンサート
         2002 出演

芸術集団2008
        支援アーティスト

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク