第11回名古屋ギターコンクール~②

落ち着いてから、控え室で練習をした。

演奏順が最後の7番目だったので、十分に練習する事が出来た。
しかし、自分の出番が近づくにつれて指が疲れてきたので、
あまり弾かずに雑誌を読んでいた。
すると、気分がリラックスしてきた。

袖口で待っている間に、
コンクールを受け始めた頃から、今までの事を振り返った。
すると、超満員の会場で喜びと、
前回のスペインギターコンクールで久し振りに予選落ちして、
本選に残る事がどれだけ大変な事なのか、
という事を、再認識していた。

今回本選で演奏できる幸福感が、
演奏を前にして、緊迫感や闘争心も無くし、
何故かとても清々しい気分になっていた。

本選での演奏は、ミスの多い演奏だった。
しかし、舞台上では最後まで落ち着いていたし、
自分の表現したい気持ちを十分に乗せられた演奏が出来た、
と自負している。

結果は、5位か6位で去年より順位を下がってしまったが、
落胆は全くしていない。
むしろ、沢山得るものがあった、有意義なコンクールであった。

明日は何故5位か6位だったかを、
自分なりに考えた事を掲載します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

前田 司

Author:前田 司
前田 司 ギター教室 主宰

第24回スペインギター
     音楽コンクール 第1位

第18回日本ギター
     重奏コンクール 第1位

第27回GLC学生
     ギターコンクール
       大学生の部 第1位

第41回クラシカルギター
       コンクール 第3位

第10回名古屋ギター
       コンクール 第4位

第35回日本ギターコンクール
オヌール・ソロ部門 審査員賞

第18回JGAギター音楽祭
 "Kyo-en"in2007東京に出演

スコット・テナントの
      マスタークラスを受講

ドイツ・ヴァイカースハイム
        国際音楽祭に参加

フレッシュクラシックコンサート
         2002 出演

芸術集団2008
        支援アーティスト

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク