演奏批判について

大学5年時の定演で某大学ギタークラブ部員が書いた
偉そうなアンケートと
インターネットの掲示板で私の演奏の批判、
そしてコンクールで俺が優勝した事の不満を書き立てたブログ。

これらに共通するのは、自分の世界観だけが正しいと思い、
他の事は一切認めないという事。
まるで社会主義国家のように閉鎖的であるがゆえ、
身近だけの高い評価を鵜呑みして勘違いを起こしている。

平気で他人を批評できるのは、
その勘違いと厳しい意見にさらされた経験が無いからなのだ。
俺は厳しい意見に対して何度も傷ついた経験があるから、
演奏についてコメントする時は、
悪い部分は言わずに良い部分だけを賞賛するようにしてきた。

だが、それは間違いだった…。

俺がそんな事をしていては、
その勘違いを助長させるだけだと気付いた。

厳しい意見を言うべきなのは自分1人しかいないと思うのなら、
素直に言うべきだったんだ…、本当に後悔している。

仮に厳しい意見を言うとしても、
自分の立場をしっかりわきまえて言うつもりだ。
説得力が無ければ無意味だし、
「じゃあ、見本をみせてくれよ」と言われて
見本を示せる実力が無ければ言う資格は無いと俺は思っている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

前田 司

Author:前田 司
前田 司 ギター教室 主宰

第24回スペインギター
     音楽コンクール 第1位

第18回日本ギター
     重奏コンクール 第1位

第27回GLC学生
     ギターコンクール
       大学生の部 第1位

第41回クラシカルギター
       コンクール 第3位

第10回名古屋ギター
       コンクール 第4位

第35回日本ギターコンクール
オヌール・ソロ部門 審査員賞

第18回JGAギター音楽祭
 "Kyo-en"in2007東京に出演

スコット・テナントの
      マスタークラスを受講

ドイツ・ヴァイカースハイム
        国際音楽祭に参加

フレッシュクラシックコンサート
         2002 出演

芸術集団2008
        支援アーティスト

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク