第33回クラシカルギターコンクール

リハーサル室で抽選をしたら23番目だった。
今日は、くじ運が良かった。

第2次予選の前半が終わり、練習室からリハーサル室に移動してから、
何故か③弦が弾き難くなってしまい不安になったまま、予選に臨んだ。

予選の演奏は、自分では良くなかったと思う。
ミスが多かった様に思えたし、途中で止まりそうだった。
演奏している時に、集中するのが難しかった。

予選が終了し、河野さんの演奏を聴いて、
期待もせずに本選出場者の発表を聞いていたら、
自分の名前を呼ばれて本当にビックリした・・・。

伊藤さん・服部さん・濱田さん・山村君と俺の5名だった。

本選の演奏順をくじ引きで決める事になって、
前の3人が2・4・5番目を引いてしまい、残りが1・3番目しか残っていなかった。
しかし、今日は「運」が俺に向いていたせいか、3番目を引く事が出来た。

本選の演奏は、舞台では落ち着いていた。
しかし、「BWV998 フーガ」は途中で止まらないかという心配で怖かった・・・。
集中が途切れそうでだったが、なんとかこらえて弾き切った。

おそらく、他の人と比べてゆっくりのペースで演奏したと思うし、
ミスも多かったと思う。
しかし、予想した以上に良い演奏が出来たと思う。

「ブエノスアイレスの夏」は、細かなミスが少しあったが、勢い良く演奏出来たと思う。
しかし、中盤の歌い所で良い感じに歌っていたのだが、
集中が途切れて、ミスをしてしまったのが大きかった。

「大序曲」は、学生ギターコンクールより酷い演奏をしてしまったような気がする。
出だしのミスも学生ギターコンクールと同じミスをしてしまったし、
アルぺジョの時にうまく指が回らなかった。

そして、最大の失敗は集中力の無さだった。

22分という長い時間、演奏する事が初めてだったので、
「大序曲」の頃には、もう集中力が無くなっていた。

しかし、演奏していて楽しかった。
こんな大舞台で練習した成果が出せたのは、すごく嬉しかった・・・。

演奏終了後、客席に戻って濱田さん・伊藤君の演奏を聴いて、
俺が本選に残った人の中で1番下手だったと思ってしまった。

結果は予想通り、第5位だった。
表彰式の時、前に出て行く事がとても恥ずかしかった。

しかし、観客の拍手がとても気持ちが良くて嬉しかった。

コンクール終了後、帰ろうとした時に打ち上げに強引に誘われて行ってしまった。

そこには、協会の幹部の方たちや有名ギタリストが多数居て、
正直、自分の居場所が無かった…。


初めてメジャーコンクールで入賞できて、本当に良かった。
しかし、今日は「ついてる」日だなぁ~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

前田 司

Author:前田 司
前田 司 ギター教室 主宰

第24回スペインギター
     音楽コンクール 第1位

第18回日本ギター
     重奏コンクール 第1位

第27回GLC学生
     ギターコンクール
       大学生の部 第1位

第41回クラシカルギター
       コンクール 第3位

第10回名古屋ギター
       コンクール 第4位

第35回日本ギターコンクール
オヌール・ソロ部門 審査員賞

第18回JGAギター音楽祭
 "Kyo-en"in2007東京に出演

スコット・テナントの
      マスタークラスを受講

ドイツ・ヴァイカースハイム
        国際音楽祭に参加

フレッシュクラシックコンサート
         2002 出演

芸術集団2008
        支援アーティスト

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク