盛りたくさんの6月でした!!

6月も毎週末コンサート出演があり、充実感と達成感もありました。

7日(日)神奈川ギター協会員によるギターフェスティバルが横浜みなとみらい小ホールで開催され、
クアトロ•パロスとして出演し、「ハムサ」から第1・4・5楽章を演奏しました。


また、プログラム最後には合奏にも参加し「カルメン」を演奏しました。

(前列 右から2番目にいます)

ほぼ毎年ですが年明けにこのホールで行われる音楽祭に他楽器との共演で参加しているのですが、
やはりギターの音色だけが包まれる会場の響きには改めて新鮮な印象を受けました。「ギターって、良く響くんだな…」と(笑)

中旬には、出身大学ギタークラブの現役OB合同コンサートにソロで出演しました。
気兼ねなく演奏して、その後は楽しい打ち上げ……というか毎年の流れでしたが、個人的に色々考えさせられたコンサートでした。
それは“本当にギターに興味があって取り組んでいるのかな?”と現役を含めた出演グループの演奏から、そんな風に感じてしまう事が多かったです。
それは上手か下手かの問題ではなく、もっとギターに関心を持った上で取り組んで欲しいな、と思いました。
ただこの問題は、我々プロギタリストが既にギターを親しんでいる方々に、さらなるギターの素晴らしさをどう伝えていくか?が、課題のような気がしました。

そして月末に行われた6月メインのイベントは、
関西の実力派ギターデュオ“GEN-NOTE”とクアトロ•パロスのジョイントコンサートと翌日の“日本ギター重奏フェスタ”でした。
GEN-NOTEさんとはここ数年、仲良くしていて「いつかジョイントコンサートをやろう」と誓いあっており、
重奏フェスタでのゲスト演奏を機に上京したタイミングで念願が叶いました。

クアトロ•パロスがこのメンバーになってから、ほぼ初めて自主企画コンサートでもあり、
またゲストとしてGEN-NOTEをお招きした形でもあったので、主に企画準備を担当した私は事前準備からかなりのプレッシャーを感じていましたが、
蓋を開け見ればお客さんも予想よりも集まって下さり、
またGEN-NOTEとのコラボでの6重奏は、短いリハーサルにも関わらず、
とても楽しいアンサンブルができたのではないかと思ってます。

終演後のオフショットも^_^


そして、翌日の重奏フェスタでのコンクール部門では、初めて審査員を務めさせて頂きました。
数年前までコンクールチャレンジャーだった自分が、今度は審査をする側となったんだなぁ…としみじみ感じながら、良い勉強をさせて頂きました。

フェスティバル部門では、
クアトロ•パロスとして1stCDに収録されている『アクロバットダンス』を、

またアンサンブルOZとして、冨山詩耀さんの『Moon』を演奏しました。


流石に7月初頭は少しバテて気味でしたが、
心地よい疲労感でした(苦笑)


今月のスケジュールは比較的ラクですが、
24日にはクアトロ•パロスの今年メインのコンサートがあります。


また、次回のブログでクアトロ•パロスコンサートについて改めてご案内させて頂きます。


最後に、
今月のコンサート出演情報はこちらをクリックして下さい。
http://www.maedatsukasa-guitarschool.net/コンサート出演情報/


スポンサーサイト
プロフィール

前田 司

Author:前田 司
前田 司 ギター教室 主宰

第24回スペインギター
     音楽コンクール 第1位

第18回日本ギター
     重奏コンクール 第1位

第27回GLC学生
     ギターコンクール
       大学生の部 第1位

第41回クラシカルギター
       コンクール 第3位

第10回名古屋ギター
       コンクール 第4位

第35回日本ギターコンクール
オヌール・ソロ部門 審査員賞

第18回JGAギター音楽祭
 "Kyo-en"in2007東京に出演

スコット・テナントの
      マスタークラスを受講

ドイツ・ヴァイカースハイム
        国際音楽祭に参加

フレッシュクラシックコンサート
         2002 出演

芸術集団2008
        支援アーティスト

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク