少しずつ、一歩一歩、…あっ歳とっちゃったっ!!

新年度初日からのコンサートはいつもと同じ場所での演奏でしたが、
メンタル的にフレッシュな気分で臨み、とても心地良く演奏できた気がしました。

そして3日(日)には、日本ギター合奏連盟のレコーディングに向けたリハーサルをお昼前から夕方まで行い、
その後はクアトロ・パロスのリハーサルでした。

しかし、単なるリハーサルじゃなかったんです。

合奏連盟でもお世話になっている、
加藤繁雄先生、永島志基先生、佐藤弘和先生がリハーサルに立ち合って下さり、とても貴重なご意見を頂きました。
御三方の前でリハーサルをしていると、何だかオーディションを受けている気分にもなりましたが(笑)、
貴重のアドバイスを多く頂き、みるみるうちに曲が仕上がっていきました!!
とても有意義かつ貴重な時間を過ごす事が出来ました。ちなみに、打ち上げも楽しかったです。


そして、その5日(火)は合奏連盟のレコーディングをお昼から夜21時30分まで、計8曲収録しました。
時間ギリギリまでのレコーディングはなかなかスリリングでしたが、こちらも笑いの絶えないとても楽しい時間でした(^-^)


そんな楽しい時間もありましたが反して落ち込む事もありました(泣)

5日のレコーディング前に会場に着いた時、ケースから楽器が道に落ちてしまい裏板が傷つき、

そして、いざ気を取り直してレコーディングを開始しやうとギアを見た瞬間、④弦のギアが…(泣)


慎重に動かしてみると、何とか回ったので少しホッとしましたが、翌日改めて確認してみると、一周回らない事が判明しました…>_<…

藁をも掴む想いで以前ギア修理を依頼したお店に行くと、何と楽器に合うギアがありその場で取り付けてもらい、復活しました!!


いやぁ~冷や汗かきましたよ f^_^;)


先月右足と首を捻って現在も治療中だったのですが、
レコーディング前日に、何かの勢みで右足を強打し、立派なたんこぶができ、新たな痛みが加わって落ち込んでいたのに、
更に楽器が傷つくという強烈なダメージを食らい、本当に精神的にネガティヴになっていました。


しかし、物は考えようで、

・楽器を落とした時、演奏不能状態になっていたらレコーディングが出来なかった。

・私の楽器に合うペグがなければ、来週のとても大事なレコーディングが出来なかったかもしれない。

・最初の衝撃を受けたギアのお陰で、裏板の一部分しか傷つかなった。傷は修理に出せば2~3週間で完璧に直る。

・これからケースのロックは慎重にやるという習慣を身に付ける


というように、ポジティブに考えました。


やってしまった事を、いつまでもクヨクヨしてても仕方ないですから。

目の前にある“やらなければならない事”を、1つ1つ丁寧にこなしていく事で、自分に取り巻く状況を少しずつ打開して事が大切だと改めて感じました出来事になりました。

そもそも来週に迫った大事なレコーディング前に落ち込んでいる余裕など全くなく、
3日間のレコーディング後の2日後にはには、教室のおさらい会もありますし、

その翌日には、クアトロ・パロスの千葉公演があります。


先月末からのドタバタな日々は続きますが、
しっかりと足元を少しずつ固めていき、最後は有益な達成感を感じられるようにしたいと思った、36歳になった誕生日の夜でした(笑)
スポンサーサイト
プロフィール

前田 司

Author:前田 司
前田 司 ギター教室 主宰

第24回スペインギター
     音楽コンクール 第1位

第18回日本ギター
     重奏コンクール 第1位

第27回GLC学生
     ギターコンクール
       大学生の部 第1位

第41回クラシカルギター
       コンクール 第3位

第10回名古屋ギター
       コンクール 第4位

第35回日本ギターコンクール
オヌール・ソロ部門 審査員賞

第18回JGAギター音楽祭
 "Kyo-en"in2007東京に出演

スコット・テナントの
      マスタークラスを受講

ドイツ・ヴァイカースハイム
        国際音楽祭に参加

フレッシュクラシックコンサート
         2002 出演

芸術集団2008
        支援アーティスト

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク