腰をやってしまいました…(痛)

スーパーでの買い物の最中に「なんだか、腰が痛いだなぁ~」と思っていて、
帰宅後に少し横になった後、起き上がろうとして左足を踏み込んだ時に、腰に激痛がっ!!……体が崩れ落ちました(泣)
激痛により歩く事が出来ず、息子のハイハイよりも遅いスピードでしか移動できない状態でしたが、数分後には落ち着き、立ち上がれるようになりました。

なんとか、指の治療の時に世話になる柔道整復師の元に行き、治療してもらったところ、ギックリ腰ではなく捻りによる痛みだったそう。
腰にさらしを巻いてもらって、大分楽になりましたが、

「なるべく安静にしてろ」

と、中学の同級生である柔道整復師に言われてしまいました。トホホ…(ToT)

今年いっぱいのコンサートは、可能な限りギター支持具を使って舞台に立ちたいと思います。

さて、明後日12月15日(木)に開催される
『佐藤弘和 ギター作品展Vol.6』にクアトロ・パロスとして出演させて頂きます。



もう既に、チケットは完売となっています!!

クアトロ・パロスとしても、また個人的にも大変お世話になっている佐藤弘和先生の作品から「雲の詩」・「Canary」を、
そして、豪華な出演陣全員での合奏で「光の街」も演奏します。

国分寺市立いずみホールでの演奏は、私自身2回目となります。
これもまた佐藤先生の作品展「Vol.3 デュオ」に出演させて頂いた2009年12月、それ以来です。

その時のブログがこちらです:今週末に出演する2つのコンサート

この出演オファーを頂いたのが、この年の夏。
事情があって詳しくはお伝えできませんが、本当に色々あって私自身この時ドン底でした…。
ギタリストを辞めようか、とも考えていた矢先に、これまで面識がない佐藤先生から突然メールを頂きました。

愛奏していた作品の作曲者自身からの直接のオファーに、
驚きと喜びを感じると同時に、失い欠けていたモチベーションが一気に蘇り、コンサート本番までは何があってもギタリストでいよう、と決意したきっかけとなったコンサートでした。

それから、本番までの間に私のギタリストとしての環境が徐々に好転していき、今に至っています。


クアトロ・パロスに加入する事になり、最初のミーティングで、
「これは絶対にやりたいんだ!!」と主張して、今やパロスのメインレパートリーの1つになったのが『雲の詩』ですし、
『光の街』は、佐藤先生とも共演させて頂いた曲でもあり、私が指導していた学生アンサンブルでも指揮を振った曲でもあり、
また、私の結婚式でもパロスのメンバーと一緒に弾いた大好きな曲でもあります。

『Canary』は、夏のハクジュコンサートではトリとなった曲で、今のパロスが持つ力強さを十分に発揮できる、いつ弾いても楽しさ感じさせてくれる作品です。


これらの作品と出会えた喜びと感謝の気持ちを込めて、
15日は全力で演奏したいと思います。

会場へお越しの皆様、せびお楽しみなさって下さい。



前田司コンサート出演情報:http://www.maedatsukasa-guitarschool.net/コンサート出演情報/


前田司ギター教室:http://www.maedatsukasa-guitarschool.net



スポンサーサイト
プロフィール

前田 司

Author:前田 司
前田 司 ギター教室 主宰

第24回スペインギター
     音楽コンクール 第1位

第18回日本ギター
     重奏コンクール 第1位

第27回GLC学生
     ギターコンクール
       大学生の部 第1位

第41回クラシカルギター
       コンクール 第3位

第10回名古屋ギター
       コンクール 第4位

第35回日本ギターコンクール
オヌール・ソロ部門 審査員賞

第18回JGAギター音楽祭
 "Kyo-en"in2007東京に出演

スコット・テナントの
      マスタークラスを受講

ドイツ・ヴァイカースハイム
        国際音楽祭に参加

フレッシュクラシックコンサート
         2002 出演

芸術集団2008
        支援アーティスト

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク