『佐藤弘和 ギター作品展Vol.6』から一週間経ちました。

12/15に開催された『佐藤弘和 ギター作品展Vol.6』について、クアトロ・パロスブログにてチームの一員として記事をアップしました。

クアトロ・パロスブログ:『佐藤弘和 ギター作品展Vol.6』……忘れる事のできないコンサートとなりました。

このブログでは私個人の事を記していこうと思います。

私はクアトロ・パロスだけではなく、
「風のはこんだ4つの歌」を小関佳宏さんとデュオで演奏させて頂きました。

本来ならば、小関君と事前に衣装の相談をして合わせるべきでしたが、私はパロスの衣装で舞台に上がったので、聴きにいらしたお客様から見たら違和感があったと思います。

そう、この共演はコンサート開催当日に急遽決まったデュオでした。

昼過ぎにコンサート会場へ到着した際に、コンサートを取り仕切っていた永島志基先生から事情を伺い、
急遽代役の打診を受けました。

「風のはこんだ4つの歌」は、7年前の作品展Vol.3で第二楽章を弘和先生のパートナーとして演奏した経験があります。

そして、その一年後、名古屋在住のギタリスト伊藤兼治さんとのデュオコンサートで、全楽章演奏しました。
その時のブログがこちらです。『伊藤兼治&前田 司ギターデュオコンサート』

演奏経験はあるものの、最後に弾いたのは今から5年前。

当然不安しかありません。しかし私なりに
「プログラムに穴を空ける訳にはいかない」、
そして「代役とはいえ、私でお役に立てるのならば弾かせて頂きたい」
と想いが交錯していました。

とりあえずやれるだけの事はやってみようと思い、4つの組曲の中で演奏経験のある2曲のパート譜を家族にファクスで送ってもらい、
初めて弾く残り2曲の譜読みを開始しました。ファクスで送られた楽譜が手元に届いてからは弾きながら思い出す作業を同時に行いました。

小関君とのリハは、時間との戦いでした。
その中で、他の豪華な出演陣の皆さんやスタッフの皆さんの計らいで、長時間の舞台リハをさせて頂いた事と、
そして、ずっと私の練習に付き合ってくれた小関君からの優しさが本当に有り難かったです。

リハ中の写真です。


リハで嬉しかった事の1つに、会場に到着された弘和先生が大変な状況の中でも、私達のリハをしっかり聴いて下さりました。私が悪戦苦闘している中でミスを連発した時に、

「最初からやり直しっ!!」

と、袖口にいらっしゃって下さった弘和先生から、ダメ出しをくらいました。
でも……それが、とっても嬉しかったんです。代役だからと言って甘やかせず、叱咤激励して下さった事が。
そこから自然とギアが一段上がった事は言うまでもありません。


舞台リハが可能なギリギリ時間で粘り、あとは本番という感じのところでなんとか仕上げましたが、結局組曲を通す事はできませんでした。


そして、本番です。会場は超満員…。
舞台に出る前、不安から極度の緊張感に襲われました。
が、小関君と舞台に出て、弾き進めていくうちに、
だんだん心地良くなってきました。


また、パートナーが小関君だった事も大きな要因でした。
今年はブログにあるように、小関君のCDに参加しレコーディングを行い、
仙台で行われたリサイタルにもゲストで呼んで下さり、デュオを行いました。

ブログ:仙台でレコーディング

ブログ:仙台レポートが中心になってしまいました^^;

その経験があったからだと思います。小関君とのデュオが本当に心地の良く、私自身は本当に楽しむ事ができました。

もう1つ、この曲の素晴らしさがそうされてくれたと思います。
そして、やはり弘和先生の後押しがあったのだと思いました。

このような機会を与えて下さった、弘和先生やスタッフの皆さん、共に舞台に立った小関君に感謝しています。



そんなこんなだったので、腰の状態は時折痛みを感じる程度で済みました。
実際には、左足を踏み込む事が怖かったので多少引きずって歩いてましてが、
舞台では普通に歩きました。アドレナリンが出ていたのかもしれません。


18日にもクアトロ・パロスの本番があり疲れが溜まってしまったのか少し腰が重いですが、
痛みは無く、足も引きずる事もありません。

明日のクリスマスコンサートも、楽しんで演奏したいと思います。




前田司コンサート出演情報:https://www.maedatsukasa-guitarschool.net/コンサート出演情報/

前田司ギター教室:https://www.maedatsukasa-guitarschool.net










スポンサーサイト
プロフィール

前田 司

Author:前田 司
前田 司 ギター教室 主宰

第24回スペインギター
     音楽コンクール 第1位

第18回日本ギター
     重奏コンクール 第1位

第27回GLC学生
     ギターコンクール
       大学生の部 第1位

第41回クラシカルギター
       コンクール 第3位

第10回名古屋ギター
       コンクール 第4位

第35回日本ギターコンクール
オヌール・ソロ部門 審査員賞

第18回JGAギター音楽祭
 "Kyo-en"in2007東京に出演

スコット・テナントの
      マスタークラスを受講

ドイツ・ヴァイカースハイム
        国際音楽祭に参加

フレッシュクラシックコンサート
         2002 出演

芸術集団2008
        支援アーティスト

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク