私のblogがパロス祭りになりました(^^)

3月19日(日)にクロサワ楽器日本総本店2F
《クアトロ・パロスによるクラシックギターライブ》 が開催されます!!
IMG_5022.jpg

演奏時間は13:00から1時間程度です。
プログラムは以下の通りです。

ブルージリアン(C.アサド)
ビター・スイート・サンバ(H.Alpert&T.Brass~加藤繁雄編)
風のサンバ(松岡 滋)
花は咲く(菅野よう子~クアトロ・パロス編)
情熱大陸(葉加瀬太郎~冨山詩曜編)
Canary(佐藤弘和)
インスピレーション(ジプシーキングス~加藤繁雄編)


入場無料ですが予約が必要ですので、是非ともご予約の上お集まり下さい!!


また久し振りですが、クアトロ・パロスの演奏動画アップされましたのでお知らせします。

まず昨年8月に行われた白寿ホールでのコンサートより、
「MOON」(冨山詩曜)


「オースティンタンゴ」(R.ディアンス)~「アクロバットダンス」(S.ラック)


そして、9月にGGサロンで行われたジョイントコンサートより、
「MOON」(冨山詩曜)


ブログの内容がクアトロ・パロス関連ばかりになってしまいましたが、
ぜひライブも動画もお楽しみ下さい(^o^)


前田司コンサート出演情報:https://www.maedatsukasa-guitarschool.net/コンサート出演情報/

前田司ギター教室:https://www.maedatsukasa-guitarschool.net/

ようやく通常営業へ……あ、申告やらねば。

先週水曜日になりますが、2月15日に銀座ヤマハホールで開催された~日本ギター連盟ユベントスが贈る『1日遅れのバレンタインコンサート』が盛会のうちに終わりました。

会場はほぼ満員で本当に嬉しい限りです。
ご来場下さった皆様、誠にありがとうございました。

終演後、出演者でパチリっと集合写真です。


最後の全体合奏では、コンマスみたいな事をさせて頂き、とても光栄でした。
「出演者は赤のワンポイントで…」という決まりでしたが、私はワンポイントの物が無かったので、
クアトロ・パロスの衣装である赤パンと柄シャツで舞台に上がりましたが、1人だけ派手過ぎましたかね??(笑)
私が舞台に登場した時に、客席から笑いが起こったのは気のせいだ、と自分に言い聞かせてましたけど(^^;;

現代ギター誌やSNS等で頻繁に見る有名なギタリストの皆さんとの共演はとても実り多きものになりました。
勿論、既に共演経験があったり、飲みの席で一緒になったりと、出演者の殆どの方を存じ上げていましたが、
同じ釜の飯(酒⁉︎)を食う(呑む⁉︎)よりも、やはり共に音楽を作り上げていく方が一体感が生まれていく事を改めて感じました。

コンサートでの演奏はもちろんの事、リハーサルや打ち上げ等、共に過ごした時間すべて楽しかったです。共演したギタリストの皆さんにも御礼申し上げます。

最後の全体合奏のリハーサル動画がアップされています。
歌劇「泥棒かささぎ」より序曲(G.ロッシーニ)



さて前回ブログでもお伝えしたように、1月末からの濃密な活動を一先ず終え、コンサート後のバタバタも落ち着き、平穏な日々を迎えております(^^)
疲労感も少しずつ消え去り、そろそろ次の準備に向けて動き出しますよ。

その前に、確定申告ですね(^^;;
毎年、受付開始から遅くとも1週間以内に提出していたのですが、今年は未だ何もしておらず…。
まずは、面倒なコイツを先にやっつけたいと思います!!

バレンタインギターコンサートまで、あと2日!!

明日は、バレンタイデー
だからと言って、甘~い話ではなくコンサートのお知らせです。
自身のTwitterやクアトロ・パロスブログ:パロスメンバーも出演するバレンタインコンサート!! でもお知らせしておりますが、
明後日15日(水)には、
『~日本ギター連盟ユベントスが贈る~1日遅れのバレンタインギターコンサート』に出演します。



♪ 2月15日(水)
場所 : 銀座ヤマハホール 19:00開演 / 18:30 開場

入場料
前売 ¥3,500 (学生 ¥2,000)
当日 ¥4,000 (学生 ¥2,500)

私が出演するのは、

~ギター3重奏~
Dear Friends(佐藤弘和)
エル・ビート(スペイン民謡~大塚房喜編)

~ギター6重奏~
Mockingbird(藤井眞吾)

~全体合奏~
「泥棒かささぎ」序曲(G.ロッシーニ~藤井眞吾編)他

となっております。

素晴らしいギタリスト達の共演となっておりますので、せび皆様お越し下さい!!


そして今日と明日は、バレンタイデーコンサートのリハーサルです。
また、11日(土)にはクアトロ・パロスか出演した「みなとみらい音楽祭」がありました。
詳しくは、こちらもクアトロ・パロスブログをご覧下さい。

クアトロ・パロスブログ:今年1発目!!

そして、その翌日は午前中にレッスンをして、午後はまた前日に引き続き神奈川県に向かい(笑)、コンクールの審査をしてきました。

審査と言えば、4日(土)には日本ギター連盟が主催する「第10回ギター大好きみんな集まれギターコンペティション」の東京甲州地区大会の審査員も務めさせて頂きました。
でもって、その翌日クアトロ・パロスのリハーサルといった感じで、2月に入ってからプロギタリストらしい生活を送っております(笑)

特にみなとみらい音楽祭からバレンタインギターコンサートが終わるまでの期間は、
濃度が濃い充実した日々を過ごしているように感じます。

11日はクアトロ・パロスでしたが、
明後日15日(水)のバレンタインギターコンサートでは、
いつもとは違うギタリスト同士の共演に大きな期待を抱きつつ、僅かな時間の中でしっかり準備していきたいと思います。


前田司コンサート出演情報:https://www.maedatsukasa-guitarschool.net/コンサート出演情報/

前田司ギター教室:https://www.maedatsukasa-guitarschool.net




2/11はみなとみらい小ホールでクアトロ・パロス!!

先日、中学時代の友人の結婚式に出席しました。
幸せ満点の雰囲気と、昔からの友との語らいに楽しい時間を過ごしました。
式場は、横浜・みなとみらいエリア。

“1月のみなとみらい”と題してを思い浮かべると、
私が所属している“芸術集団2008”主催の『横浜みなとみらい音楽祭』に辿り着きます。

ですが、今年の開催は2月11日(土)なのです(^^)



今年は、クアトロ・パロスとして参加させて頂きます!!

これまでは主にフルートとのデュオを中心とした編成での参加でした。
しかし現在は、奏者として最大のパフォーマンスを発揮できるのは、
パロスの一員として演奏している時だと考えているので、
主催側にプッシュして、更にクアトロ・パロスのコンサートを聴いて頂いたい上で、
今回の出演となりました!!

詳細は以下の通りです。

『第9回横浜みなとみらい音楽祭』
会場 みなとみらい小ホール
開場 12:30  開演 12:50
一日券 3,000円  親子コンサート券 1,500円(小中学生500円)
申込み:090-2664-6433(芸術集団2008事務局)

※クアトロ・パロスの出演は18:45-19:35です。

♪ プログラム
ブルージリアン(C.アサド)
ビター・スイート・サンバ(H.Alpert&T.Brass~加藤繁雄編)
風のサンバ(松岡 滋)
花は咲く(菅野よう子~クアトロ・パロス編)
情熱大陸(葉加瀬太郎~冨山詩曜編)
Canary~第2楽章.竜血樹の島(佐藤弘和)
インスピレーション(ジプシーキングス~加藤繁雄編)

そして、クアトロ・パロスブログでも宣伝しておりますのでご覧下さい。

クアトロ・パロスブログ:2017年、パロス初練習!!

更に、これまでの「みなとみらい音楽祭」のついてのレポートやお知らせがブログに残っております。

第8回の音楽祭:今は事務作業に徹しております。
第7回の音楽祭:みなとみらい音楽祭2015が終わり、次へ。
第6回の音楽祭:明けましておめでとうございます!!
第5回の音楽祭:音楽祭について振り返ります
第4回の音楽祭:今年の第1弾と第2弾っ!!
第3回の音楽祭:新年最初のコンサート
第2回の音楽祭:年明け最初のブログです

振り返ると、第2回から参加させて頂いておりました。
皆さま、ぜひ2/11はみなとみらいホールでお会いしましょう。
チケットの申し込みは、tm.guitar.0409@icloud.comまでご連絡下さい。


前田司コンサート出演情報:https://www.maedatsukasa-guitarschool.net/コンサート出演情報/

前田司ギター教室:https://www.maedatsukasa-guitarschool.net

今年も宜しくお願い致します。

新年早々ですが、前回のブログ更新より時間が経ってしまいましたので、少し振り返ります。

仕事納めは30日。その日までバダバタしており、新年を迎える準備を全くしておらず、年賀状は大晦日からとなってしまいました(^^;
息子も体調が悪い日が続き心配しましたが、新年を迎えた日には元気になり、オヤジのように寝っ転がりながらテレビを観るまでに復活してました(笑)



まず、23日に鷗外荘で開催された「クリスマスコンサート」では、クアトロ・パロスから斉藤&萩野谷、そして私というトリオ編成で出演しました。



また、ゲストには共演機会の多いフルーティストの宇田有美子さんをお招きし、私とのデュオ、そしてトリオパロスとのカルテットでも演奏しました。



クリスマスの雰囲気を醸し出し為に、メンバー一同、被り物をして頑張りました(笑)



そして、25日のクリスマスには、
いつもお世話になっている加藤繁雄先生が主催する「ギタークリスマスコンサート」にゲストとして出演し、
先生とのデュオ「Duo Magica」として、ソルのファンタジーを“激アツ”に演奏して、今年の弾き納めとなりました。
打ち上げでは、加藤先生の生徒の皆様が温かく迎えて下さり、親交を深める事が出来た事も嬉しかったです。

昨年、私が出演したコンサートは大小含めて66回となりました!!
正確には計算していませんが、おそらく過去最高なのではないでしょうか。本当に充実した一年にだった思います。

しかし、演奏は66回では終わりませんでした。

前回のブログ更新で「佐藤弘和 ギター作品展vol.6」について書かせて頂きました。そのブログをアップした数時間後、佐藤弘和先生が永眠されました。

作品展からちょうど1週間後でした。

訃報を受け、言葉にできない程の深い悲しみを背負いながら23日と25日の舞台に立っていた訳です。

正直、気落ちしてました。
しかし、それをプロとして舞台で見せる訳には絶対に許されません。

この仕事を選んだ以上、どんなネガティヴな状況下においても舞台に立ち全力で演奏する、という事は頭の中では勿論理解していました。

それが、どれだけ難しい事だったか、初めて知りました。

そして、弘和先生のお通夜・告別式でクアトロ・パロスとして演奏させて頂きました。
詳しくは、私が代表して書いたクアトロ・パロスブログをご覧下さい。

クアトロ・パロスブログ:追悼、佐藤弘和先生…。

先月の作品展から約1年前、
弘和先生の復帰コンサートは私とのデュオコンサートでした。

共演のオファーを弘和先生から頂いた時、
「これから、こういうコンサートをパッとやりたい時に、前田君に声かけていい? 」
そのお言葉が、どれだけ嬉しかった事か…。

そのコンサートではソロもあり、私は弘和先生の作品を三曲演奏しました。
2日目のコンサートで、私がソロを演奏し終えた時、弘和先生から、
「合格です!!(笑)」
と、お客さんの前で言って頂いた事は本当に嬉しかったし、
加えてアンコール前の弘和先生のMCでは、
「僕と前田君は曲に対する感覚がとても似てて、デュオやっててとても心地よいんです。」
と、仰って下さいました。

私は直接ご指導して頂いた訳ではありません。ですが、初めてお会いした時から何かと気にかけて下さり、可愛がって頂きました。

年が明けても、未だ気持ちが整理できないままです。

ただ、これまでと同じように、これからも弘和先生の作品を弾き続けていく事になんら変わりはありません。
作品の中でも、私の記憶の中でも、弘和先生は常に生き続けていきます、ずっと…。


前田司コンサート出演情報:https://www.maedatsukasa-guitarschool.net/コンサート出演情報/

前田司ギター教室:https://www.maedatsukasa-guitarschool.net

『佐藤弘和 ギター作品展Vol.6』から一週間経ちました。

12/15に開催された『佐藤弘和 ギター作品展Vol.6』について、クアトロ・パロスブログにてチームの一員として記事をアップしました。

クアトロ・パロスブログ:『佐藤弘和 ギター作品展Vol.6』……忘れる事のできないコンサートとなりました。

このブログでは私個人の事を記していこうと思います。

私はクアトロ・パロスだけではなく、
「風のはこんだ4つの歌」を小関佳宏さんとデュオで演奏させて頂きました。

本来ならば、小関君と事前に衣装の相談をして合わせるべきでしたが、私はパロスの衣装で舞台に上がったので、聴きにいらしたお客様から見たら違和感があったと思います。

そう、この共演はコンサート開催当日に急遽決まったデュオでした。

昼過ぎにコンサート会場へ到着した際に、コンサートを取り仕切っていた永島志基先生から事情を伺い、
急遽代役の打診を受けました。

「風のはこんだ4つの歌」は、7年前の作品展Vol.3で第二楽章を弘和先生のパートナーとして演奏した経験があります。

そして、その一年後、名古屋在住のギタリスト伊藤兼治さんとのデュオコンサートで、全楽章演奏しました。
その時のブログがこちらです。『伊藤兼治&前田 司ギターデュオコンサート』

演奏経験はあるものの、最後に弾いたのは今から5年前。

当然不安しかありません。しかし私なりに
「プログラムに穴を空ける訳にはいかない」、
そして「代役とはいえ、私でお役に立てるのならば弾かせて頂きたい」
と想いが交錯していました。

とりあえずやれるだけの事はやってみようと思い、4つの組曲の中で演奏経験のある2曲のパート譜を家族にファクスで送ってもらい、
初めて弾く残り2曲の譜読みを開始しました。ファクスで送られた楽譜が手元に届いてからは弾きながら思い出す作業を同時に行いました。

小関君とのリハは、時間との戦いでした。
その中で、他の豪華な出演陣の皆さんやスタッフの皆さんの計らいで、長時間の舞台リハをさせて頂いた事と、
そして、ずっと私の練習に付き合ってくれた小関君からの優しさが本当に有り難かったです。

リハ中の写真です。


リハで嬉しかった事の1つに、会場に到着された弘和先生が大変な状況の中でも、私達のリハをしっかり聴いて下さりました。私が悪戦苦闘している中でミスを連発した時に、

「最初からやり直しっ!!」

と、袖口にいらっしゃって下さった弘和先生から、ダメ出しをくらいました。
でも……それが、とっても嬉しかったんです。代役だからと言って甘やかせず、叱咤激励して下さった事が。
そこから自然とギアが一段上がった事は言うまでもありません。


舞台リハが可能なギリギリ時間で粘り、あとは本番という感じのところでなんとか仕上げましたが、結局組曲を通す事はできませんでした。


そして、本番です。会場は超満員…。
舞台に出る前、不安から極度の緊張感に襲われました。
が、小関君と舞台に出て、弾き進めていくうちに、
だんだん心地良くなってきました。


また、パートナーが小関君だった事も大きな要因でした。
今年はブログにあるように、小関君のCDに参加しレコーディングを行い、
仙台で行われたリサイタルにもゲストで呼んで下さり、デュオを行いました。

ブログ:仙台でレコーディング

ブログ:仙台レポートが中心になってしまいました^^;

その経験があったからだと思います。小関君とのデュオが本当に心地の良く、私自身は本当に楽しむ事ができました。

もう1つ、この曲の素晴らしさがそうされてくれたと思います。
そして、やはり弘和先生の後押しがあったのだと思いました。

このような機会を与えて下さった、弘和先生やスタッフの皆さん、共に舞台に立った小関君に感謝しています。



そんなこんなだったので、腰の状態は時折痛みを感じる程度で済みました。
実際には、左足を踏み込む事が怖かったので多少引きずって歩いてましてが、
舞台では普通に歩きました。アドレナリンが出ていたのかもしれません。


18日にもクアトロ・パロスの本番があり疲れが溜まってしまったのか少し腰が重いですが、
痛みは無く、足も引きずる事もありません。

明日のクリスマスコンサートも、楽しんで演奏したいと思います。




前田司コンサート出演情報:https://www.maedatsukasa-guitarschool.net/コンサート出演情報/

前田司ギター教室:https://www.maedatsukasa-guitarschool.net










プロフィール

前田 司

Author:前田 司
前田 司 ギター教室 主宰

第24回スペインギター
     音楽コンクール 第1位

第18回日本ギター
     重奏コンクール 第1位

第27回GLC学生
     ギターコンクール
       大学生の部 第1位

第41回クラシカルギター
       コンクール 第3位

第10回名古屋ギター
       コンクール 第4位

第35回日本ギターコンクール
オヌール・ソロ部門 審査員賞

第18回JGAギター音楽祭
 "Kyo-en"in2007東京に出演

スコット・テナントの
      マスタークラスを受講

ドイツ・ヴァイカースハイム
        国際音楽祭に参加

フレッシュクラシックコンサート
         2002 出演

芸術集団2008
        支援アーティスト

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter
ブログ内検索
RSSフィード
リンク